MENU

カードローンを申込むと自宅への郵送物はあるの?

カードローンはローン専用のローンカードや銀行のキャッシュカードや口座を利用して借入れや返済を行います。家族に内緒で借入れするためにはできるならローンカードや確認書類などといった自宅への郵送物がない方がいいですよね?

 

「今月の給料日までまだ数日あるのに小遣いを使い果たしてしまった。」、「今月出費が重なり月末まで生活費が足りない。」といったようにピンチなんだだけど家族になかなか相談するのが厳しい時にバレてしまうリスクが高まってしまう郵送物を不要で借入れするための失敗しない良質な情報をご紹介いたします。
ご自身で収入がある方と専業主婦の方とはでは内容が異なりますので下記の質問に沿ってみてください。
カードローンを申込むと自宅への郵送物はあるの?

あなたは専業主婦ですか?

カードローンを申込むと自宅への郵送物はあるの? カードローンを申込むと自宅への郵送物はあるの?

郵便物不要になるための条件はコレ!

 

カードローンを選ぶ時にまず申込む金融機関を消費者金融にするのか、銀行にするのかで悩みますよね?

 

専業主婦でない場合は消費者金融でも銀行カードローンでもどちらでも郵送物不要で借入れすることが可能です。
消費者金融と銀行では郵送物不要となる条件が異なります。まず消費者金融と銀行で郵送物が不要となるための条件をまとめていますので参考にしてみてください。まずは主な自宅への郵送物は下記になります。

 

■主な自宅への郵送物

・ローンカード
・キャッシュカード(銀行で口座開設した場合)
・契約確認書類

 

次に消費者金融と銀行で郵送物不要となる条件の違いですが

 

■消費者金融

・自動契約機があるか
・「カードレス」で利用できるのか

 

■銀行カードローン

・自動契約機が設置しているか
・キャッシュカードにローン機能を付加できるのか

 

自動契約機があれば直接その場でカードなど確認書類を受取ることができるので消費者金融も銀行もどちらも基本的には郵送物不要で申込むことが可能です。
上記の郵送物不要となる条件を満たしていれば郵便物不要で借入れすることは可能ですが、最短即日で借入れするためにはスムーズに申込み手続きを行うことが必要になります。そのためにはまず「Web申込み」を行い審査が行われている間に自動契約機に向かい自動契約機で契約手続きを行って、カードや確認書類をその場で直接受取るといった申込み方法が最短で借入れできる方法になります。
カードローンの中にはプロミスのように「カードレス」といって対象金融機関は200行以上もありカード不要で申込み〜借入れ返済までできて、しかもWeb完結でも対応可能なカードローンもあります。カード不要なのでカードが自宅に郵送されることはないので安心です。

 

今回、どれぐらいの期間で返済をお考えですか?

どれぐらいの期間での返済をするかによって郵送物不要の消費者金融と銀行カードローンのどちらが支払う利息が少なくて済むのか影響されます。それぞれメリット・デメリットもまとめていますので参考にしてみてください。

約6ヵ月以内で返済をお考えですか?

カードローンを申込むと自宅への郵送物はあるの? カードローンを申込むと自宅への郵送物はあるの?

約6ヵ月以内の返済なら消費者金融がオススメ!

カードローンを申込むと自宅への郵送物はあるの?

 

返済期間が1年以上など長期にわたる返済でなければ低金利の銀行カードローンよりも30日間無利息サービスのある消費者金融の方が支払う利息が少なくて済む場合があるので、初めてカードローンを申込みの方は消費者金融が絶対におトクです。

 

だけど消費者金融と聞くとあまり良い印象がわかないですよね?

 

そこで消費者金融のメリットとデメリットについてご説明いたします。

 

■消費者金融のメリット・デメリット

メリット デメリット
・初めてなら「30日間無利息」サービスがある

・カードレスで借入れも可能
・自動契約機台数が多い

・銀行と比べて金利が高い

・借入れ総額が制限される
・50万円以上の借入の場合は収入証明書不が必要

 

消費者金融と言えば「違法な高額金利での貸付」や「過剰な取立て」などといったあまり良くない印象が一昔前にはありましたが、今では闇金ではない限り全くそういったことはありません。借金の取立てによる脅迫行為や生活環境に害するような行為は貸金業法で厳しく規制されています。スポーツ新聞の中や街中に貼ってあるチラシ広告などに「絶対にお断りしません!」などといった誰でも借入れできるような文句や異常なほどの低金利で広告記載している金融機関はまず怪しいと考えておいた方が良いでしょう。大手の消費者金融であれば安心して借入れすることができます。

 

消費者金融のメリットである「無利息サービス」とは初めて申込みの場合一定期間は利息0円で借入れできるといったサービスですが消費者金融のほうがどうおトクなのかが気になりますよね?

 

そこで「無利息サービス」のある消費者金融と「低金利」な銀行カードローンで郵送物不要で借入れ可能な人気大手3サービスを徹底比較してみましたで参考にしてみてください。

 

無利息サービスはおトク!人気3サービスを徹底比較

 

プロミス

(消費者金融)

アコム

(消費者金融)

バンクイック

(銀行)

実質年率 4.5%〜

 17.8%

3.0%〜

 18.0%

1.8%〜

 14.6%

融資スピード 最短1時間 最短即日 最短40分
最低返済額 2,000円 1,000円 2,000円
無利息サービス

・初回利用日の翌日から30日間
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

・契約日の翌日から30日間

×
自動契約機台数 約1,800台 約1,000台 約640台
詳細

TVのCMなどでもよく見かけるアイフルも30日間無利息サービスを行っていますが貸付内容がアコムと似ているので今回は省かせていただきました。

無利息のサービス開始日に注目!

 

プロミスが無利息のサービス開始日が「初回利用日の翌日から30日間」に対してアコムやアイフルも同様に「契約日の翌日から30日間」となっています。もし契約日に借入れしなかったとしてもアコムやアイフルの場合は契約日の翌日から無利息期間の30日間にカウントされてしまいます。プロミスならもし契約日から初回借入れするまで期間があったとしても初回利用日の翌日から30日間なのでせっかくの無利息サービスを無駄にすることなく活用することができます。

 

プロミスなら申込み〜借入れ・返済までWeb完結でも対応可能で三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座をお持ちの方であれば最短10秒で入金してもらえるといった「瞬フリ」も利用することができます。カードレスで利用することも可能なので家族に財布の中を見られたとしてもカードを見つけられてカードローンをしていることがバレてしまうといった心配もなくなります。

 

消費者金融の30日間無利息サービスを利用すれば30日間利息0円で借入れすることができるのはわかりますが30日間過ぎた場合どれくらい利息が変化するのか気になりますよね?
次に大手3サービスで比較してみました。

 

大手3サービスの返済シュミレーション

人気の大手3サービスで3万円借入れして毎月の返済額をプロミスとバンクイックの最低返済額に合わせて毎月2,000円を3ヶ月、5ヶ月、10カ月で返済した場合のシュミレーションをしてみましたので参考にしてみてください。

 

■5万円を3ヶ月で返済した場合

返済回数 プロミス

金利17.8%

モビット

金利18.0%

バンクイック

金利14.6%

1 2,000円 2,000円 2,000円
2 2,000円 2,000円 2,000円
3 47,385円 47,401円 47,749円
返済総額 51,385円 51,401円 51,749円
利息合計 1,385円 1,401円 1,749円

 

■5万円を5ヶ月で返済した場合

返済回数 プロミス

金利17.8%

モビット

金利18.0%

バンクイック

金利14.6%

1 2,000円 2,000円 2,000円
2 2,000円 2,000円 2,000円
3 2,000円 2,000円 2,000円
4 2,000円 2,000円 2,000円
5 44,692円 44,724円 44,828円
返済総額 52,692円 52,724円 52,828円
利息合計 2,692円 2,724円 2,828円

 

返済期間が5カ月までなら消費者金融には30日間の無利息サービスがあるので低金利の銀行カードローンよりも消費者金融の方が支払う利息が少なくて済みます。それほど長期にわたる返済でなければプロミスのような無利息サービスのあるカードローンがオススメです。

 

■5万円を10ヶ月で返済した場合

返済回数 プロミス

金利17.8%

モビット

金利18.0%

バンクイック

金利14.6%

1 2,000円 2,000円 2,000円
2 2,000円 2,000円 2,000円
3 2,000円 2,000円 2,000円
4 2,000円 2,000円 2,000円
5 2,000円 2,000円 2,000円
6 2,000円 2,000円 2,000円
7 2,000円 2,000円 2,000円
8 2,000円 2,000円 2,000円
9 2,000円 2,000円 2,000円
10 37,609円 37,677円 37,215円
返済総額 55,609円 55,677円 55,215円
利息合計 5,609円 5,677円 5,215円

 

返済期間が10カ月になると消費者金融の方が銀行カードローンの方の利息を上回ってしまいました。このように返済期間が長くなればなるほどバンクイックのような低金利の銀行カードローンの方が支払う利息が少なくて済みます。

 

短期返済なら「30日間無利息」を活用しよう!

 

今回のシュミレーションは毎月の返済額を2,000円に合わせてのシュミレーションをした結果ですが、毎月の返済額を多くすればするほど無利息サービスが活かされて消費者金融の方が支払う利息が少なくなり、返済額を少額にすればするほど返済期間が長くなり銀行カードローンの方が支払う利息が少なくなります。30日無利息期間の返済は全て元金に充当されるので無利息期間以降の利息の対象となる借入残高が少なくなるのでそれほど長期にわたる返済でなければ無利息サービスは嬉しいサービスです。

 

今すぐ借入れを希望するなら↓↓↓

 

Web完結も対応可能!郵送物不要ならプロミス

カードレス+時間のない

実質年率4.5%〜17.8%
借入限度額1〜500万円
審査スピード最短30分
専業主婦NG
収入証明書限度額50万円まで不要

プロミスなら自宅への郵送物不要で家族にバレずに借入れすることが可能です。
融資スピードも最短1時間とスピーディーで、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座をお持ちの方なら「瞬フリ」といってインターネットから最短10秒で口座に振込んでもらうことも可能なので急なお金の要りようでピンチな場合でも安心して借入れすることができます。

 

スムーズに申込み手続きを行うためにはまずWeb申込みをして審査が行われている間に自動契約機に向かい契約後に直接カードを受取ればすぐにATMで利用することが可能です。また、カードレスなら対象金融機関は200行以上もあり、カードの発行がないので、財布の中を見られてカードが見つかってしまうといった心配もなくなります。カードを発行するかしないかはWeb申込みの段階で選択することができてます。
しかし、カードがないので口座でのやりとりが必須となってしまうので口座記録は残ってしまいます。口座記録を避けたい場合はカード発行をしてATMで直接借入れや返済を行うようにしましょう。

 

カードローンを申込むと自宅への郵送物はあるの?

 

約6ヵ月を超える長期の返済なら消費者金融がオススメ!

約6ヵ月を超えるよな長期で返済をお考えであれば無利息サービスのある消費者金融よりも低金利の銀行カードローンの方が支払う利息も少なくて済みます。

 

まず銀行カードローンを知って頂くためにも銀行カードローンのメリットとデメリットについてまとめてみましたので参考にしてみてください。

 

■銀行カードローンのメリット・デメリット

メリット デメリット
・消費者金融よりも金利が低い

・借入総額が法律で制限されていない
・キャッシュカードにローン機能を付加することも可能

・自動契約機が銀行内なので人目に付きやすい

・消費者金融よりも審査が厳しい
・審査業務を委託しているので在籍確認などの融通が利きにくい

 

銀行は普段の生活の中で利用しているので銀行というだけで安心感がありますよね。しかも銀行は貸金業ではないので貸金業法の対象とはならず消費者金融のように50万円以上の借入れや他の貸金業との借入総額が300万円を超える場合は収入証明書の提出が必要など、年収の3分の1を超える借入れはできないといった総量規制の対象にはならないので50万円を超える借入れの場合でも「運転免許証」や「健康保険証」といった本人確認書類だけで借入れすることも可能になります。

 

それなら銀行カードローンは最高限度額以内であればいくらでも借入れすることができるの?と疑問ですよね?

 

初めての申込みで限度額100万円で審査通過といったように高額な借入れをすることは実際なかなか難しいです。医者や弁護士といったように高額収入で世間的にも信頼感のある職業の方であれば可能かもしれませんが一般的には初めての申込みなら30万円〜50万円の限度額であることが多いようです。
限度額を上げるためには定期的な借入れと滞りのない健全な返済を継続して行うことが重要になってきます。限度額が大きくなれば金利の低い銀行カードローンで「おまとめローン」や高金利ローンからの「借換え」なども可能になるので初めての申込みでも限度額は全く関係ないといったわけではありません。

 

限度額のことはわかったけど長期返済の場合どうして30日間無利息の消費者金融よりも低金利の銀行カードローンがおトクなのか気になりますよね?

 

銀行カードローンでも新生銀行レイクのように無利息サービスのある銀行もありますが金利が4.5%〜18.0%と消費者金融並みに高い設定になっています。そこで郵送物不要で借入れ可能な銀行カードローンと30日間無利息サービスの消費者金融を比較してみましたので参考にしてみてください。

 

無利息よりも低金利!人気3サービスを徹底比較

 

バンクイック

(銀行)

三井住友銀行

(銀行)

アコム

(消費者金融)

実質年率 1.8%〜

 14.6%

4.0%〜

 14.5%

3.0%〜

 18.0%

借入限度額 最高500万円 最高800万円 1〜最高800万円
融資スピード 最短40分 - 最短即日
最低返済額 2,000円 2,000円 1,000円
無利息サービス × ×

・契約日の翌日から30日間

自動契約機台数 約640台 約1,800台 約1,000台
詳細

銀行カードローンでも新生銀行レイクは無利息サービスがありますが提供している金融機関が銀行か消費者金融なのかの違いだけで金利など利用内容はアコムと類似しているので今回は省かせていただきます。

 

毎月の最低返済額に注目!

 

長期の返済の場合には各サービスで定められている最低返済額が重要になってきます。長期の返済となると毎月の返済にかける金額を少なくして毎月の負担を軽減するということになりますが、最低返済額は毎月必ず返済しなければいけない最低金額なのでこの金額が高額設定な毎月の返済額を抑えることも返済期間を長くすることもできません。

 

 

バンクイックなら毎月1,000円からの返済も可能で初めて借入れの方でも2,000円からの返済が可能なので毎月の抑えることができて生活への負担を軽減することができます。しかも三菱東京UFJ銀行内に「テレビ窓口」といった自動契約機が設置しているのでお近くに三菱東京UFJ銀行がある方は口座がなくても「Web申込み」後に自動契約機でローンカードを直接受取ることができるのでとても便利です。

 

毎月の返済額を少なくすると返済期間が長くなりますが支払う利息にどれくらい影響するのか気になりますよね?
次に大手3サービスで比較してみました。

 

低金利で安心!大手3サービス返済シュミレーション

大手3サービスで1万円、3万円、5万円を借入れして最低返済額のみを返済した場合のシュミレーションをしてみましたので参考にしてみてください。

 

■1万円借入れしてを最低返済額のみを返済した場合

回数 バンクイック 三井住友銀行 アコム
1 2,000円 2,000円 1,000円
2 2,000円 2,000円 1,000円
3 2,000円 2,000円 1,000円
4 2,000円 2,000円 1,000円
5 2,000円 2,000円 1,000円
6 374円 371円 1,000円
7 -円 -円 1,000円
8 -円 -円 1,000円
9 -円 -円 1,000円
10 -円 -円 1,000円
11 -円 -円 896円
支払総額 10,374円 10,371円 10,728円
利息 374円 371円 728円

 

三井住友銀行は借入れ残高が10万円以下の場合は最低返済額が2,000円なので利息は少なくて済みます。11回の返済になるとアコムの30日間無利息はもうほとんど効果が低金利にかき消されてしまっています。

 

■3万円借入れしてを最低返済額のみを返済した場合

回数 バンクイック 三井住友銀行 アコム
1 2,000円 2,000円 2,000円
2 2,000円 2,000円 2,000円
3 2,000円 2,000円 2,000円
4 2,000円 2,000円 2,000円
5 2,000円 2,000円 1,000円
6 2,000円 2,000円 1,000円
7 2,000円 2,000円 1,000円
8 2,000円 2,000円 1,000円
9 2,000円 2,000円 1,000円
10 2,000円 2,000円 1,000円
11 2,000円 2,000円 1,000円
12 2,000円 2,000円 1,000円
13 2,000円 2,000円 1,000円
14 2,000円 2,000円 1,000円
15 2,000円 2,000円 1,000円
16 2,000円 2,000円 1,000円
17 1,269円 1,241円 1,000円
18 - - 1,000円
19 - - 1,000円
20 - - 1,000円
21 - - 1,000円
22 - - 1,000円
23 - - 1,000円
24 - - 1,000円
25 - - 1,000円
26 - - 1,000円
27 - - 1,000円
28 - - 1,000円
29 - - 1,000円
30 - - 1,000円
31 - - 2,536円
支払総額 33,269円 33,241円 36,536円
利息 3,269円 3,241円 6,536円

 

■5万円借入れしてを最低返済額のみを返済した場合

回数 バンクイック 三井住友銀行 アコム
1 2,000円 2,000円 3,000円
2 2,000円 2,000円 3,000円
3 2,000円 2,000円 2,000円
4 2,000円 2,000円 2,000円
5 2,000円 2,000円 2,000円
6 2,000円 2,000円 2,000円
7 2,000円 2,000円 2,000円
8 2,000円 2,000円 2,000円
9 2,000円 2,000円 2,000円
10 2,000円 2,000円 2,000円
11 2,000円 2,000円 2,000円
12 2,000円 2,000円 2,000円
13 2,000円 2,000円 2,000円
14 2,000円 2,000円 2,000円
15 2,000円 2,000円 2,000円
16 2,000円 2,000円 2,000円
17 2,000円 2,000円 2,000円
18 2,000円 2,000円 1,000円
19 2,000円 2,000円 1,000円
20 2,000円 2,000円 1,000円
21 2,000円 2,000円 1,000円
22 2,000円 2,000円 1,000円
23 2,000円 2,000円 1,000円
24 2,000円 2,000円 1,000円
25 2,000円 2,000円 1,000円
26 2,000円 2,000円 1,000円
27 2,000円 2,000円 1,000円
28 2,000円 2,000円 1,000円
29 2,000円 2,000円 1,000円
30 1,785円 1,703円 1,000円
31 - - 13,062円
支払総額 59,785円 59,703円 62,062円
利息 9,785円 9,703円 12,062円

 

このように返済期間が長くなればなるほど支払う利息は多くなってしまいます。金利と最低返済額とのバランスが重要ですね。

 

長期返済なら低金利が安心!

 

アコムのような30日間無利息サービスは短期間での返済なら30日間は利息が0円なので支払う利息が少なくて済みますが長期の返済になればなるほど低金利の銀行カードローンの方が利息が少なくなります。最低返済額を抑えて長期の返済をお考えならバンクイックのように低金利で最低返済額のバランスがとれたカードローンがオススメです。

 

今すぐ申込みなら↓↓↓

 

 

 

口座不要!最短40分で借入も可能なバンクイック

実質年率1.8%〜14.6%
借入限度額500万円
審査スピード最短40分
専業主婦OK
収入証明書限度額200万円まで不要

 

バンクイックなら自宅への郵送物なく借入れすることが可能です。Web申込み後審査が行われている間に自動契約機に向かえば最短30分で審査回答となり自動契約機で契約手続きを行えば直接ローンカードを受取りスグに三菱東京UFJ銀行ATMやコンビニATMで借入れすることができます。しかもバンクイックは全国の三菱東京UFJ銀行ATMや提携コンビニATMでの利用手数料が24時間いつでも0円で利用することができるのでとても便利です。

 

そして毎月1,000円からの返済も可能なので毎月の負担が少なくて済むので安心です。毎月最低返済額を返済期日に支払う約定返済だけではなくボーナスや臨時収入がありお金に余裕がある時には随時返済として支払うことも可能なので支払う無駄な利息を削減するためにもできるだけ早めに完済できるよう自分に合った返済プランを立てましょう。

 

カードローンを申込むと自宅への郵送物はあるの?

 

専業主婦が借入可能なのは銀行カードローンだけ!

 

専業主婦って月末になると家計のやり繰り大変ですよね。

 

子供の習い事や夫へのお小遣い、今月ピンチなのになかなか断りにくいママ友とのお付合いなどもあるのでいろいろと大変なんだけど夫になかなか相談できなくて悩んでいませんか?

 

でも大丈夫です!専業主婦の方でも銀行カードローンなら自宅への郵送物もなく夫に内緒で借入れすることが可能です。主な郵送物として挙げられるのは下記のものになります。

 

■主な自宅への郵送物

・ローンカード
・キャッシュカード(銀行で口座開設した場合)
・契約確認書類

 

最近は色々カードローンが有触れているので「いったい何がちがうの?」と疑問を感じませんか?

 

大きな選択枠としてまず申込む金融機関を消費者金融と銀行との2種類に分けられますが専業主婦の方の場合は消費者金融では借入れすることができません。消費者金融は貸金業なので貸金業法の「個人の借入総額が原則年収等の3分の1までに制限される」といった総量規制という法律により収入が無い専業主婦の方は消費者金融のような貸金業では借入れすることができないんです。
しかし、銀行なら貸金業ではないので総量規制対象外となり収入が無い専業主婦の方でも下記のような本人確認書類1つだけで借入れすることができるんです。

 

■主な本人確認書類とされる書類

・運転免許証
・健康保険証
・パスポート

 

銀行は普段の生活の中で利用しているので安心感がありますよね。銀行カードローンは消費者金融カードローンと比べても金利が低く、銀行によってはコンビニなどの提携ATMでカードを利用した場合でも手数料が無料になるといった嬉しいサービスも豊富です。

 

専業主婦でも銀行カードローンならどれでも郵送物不要で借入れできるの?と疑問ですよね?

 

まず、銀行カードローンだからといって全ての銀行で専業主婦の方の申込みを受けつているわけではありません。カードローンは無担保で保証人もたてないローンのため銀行によっては、夫に安定した収入があったとしても申込みを受付けない銀行も少なからずあることは事実です。
しかし、現在多くの大手の銀行でも専業主婦の方の借入れを受付けているので安心してください。

 

専業主婦の方の借入れの場合は30万円〜50万円までと限度額を設定している銀行が多く、限度額は低くはなりますが普段の生活費の補填としては十分な限度額ですよね。

 

郵送物不要で借入れするためには「自動契約機は設置しているのか」など「キャッシュカードにローン機能を付加できるのか」といった条件が必要になってきます。
もし、自動契約機が設置されていない銀行であれば基本的にはカードの受取り方法は郵送しかありません。しかし、自動契約機がなくても銀行のキャッシュカードにローン機能を付加できるなら特別にローンカードを郵送されることなく借入れすることも可能になります。

 

消費者金融の大きな一つの特徴である無利息サービスですが銀行カードローンでも新生銀行レイクのように無利息サービスのある銀行もあります。しかしその一方で金利が4.5%〜18.0%と消費者金融並みに高い設定であるといったデメリットもあります。
そこで専業主婦でも借入れ可能な銀行カードローンと30日間無利息サービスの銀行カードローン人気の大手3サービスを比較してみましたので参考にしてみてください。

 

毎月の負担を抑えたいなら低金利!人気の大手3サービスを徹底比較

 

バンクイック みずほ銀行 新生銀行レイク
実質年率 1.8%〜

 14.6%

3.5%〜

 14.0%

4.5%〜

 18.0%

融資スピード 最短40分 最短即日 最短即日
借入限度額(専業主婦) 30万円 30万円 明記無し
最低返済額 2,000円 10,000円 3,000円
カード種類 ・ローン専用カード ・ローン専用カード

・キャッシュカード兼用カード

・ローン専用カード
無利息サービス × ×

・契約日の翌日から30日間
・5万円までなら180日無利息

郵送物 なし △キャッシュカード兼用でも確認書類のみ郵送あり なし
自動契約機台数 約640台 × 約760台
詳細

みずほ銀行はカードローンを申込むには必ず口座必要となりますが、既に口座がある方は本人確認書類の提出も必要なく申込むことができます。借入れや返済で利用するカードの種類も「キャッシュカード兼用型」と「カードローン専用型」の2種類から選ぶことができ、キャッシュカード兼用型を選択すればお手持ちのキャッシュカードにローン機能を付加するだけなので特別にカードが発行されるといったことはありません。但しカードローン手続きによる確認書類だけは自宅への郵送を避けることはできません。
しかし、みずほ銀行の口座をお持ちで普段から利用されている方であればみずほ銀行からの郵送物が届いたとしても怪しまれる確率は低いですよね。

 

毎月の負担を軽減するなら最低返済額にも注目!

 

毎月の返済にかかる負担はなるべく少ない方がいいですよね?
金利が低くてもみずほ銀行のように最低返済額が高額の場合は毎月返済する金額が決まっているので負担を軽減したくても最低返済金額を下回る返済をすることはできません。バンクイックなら毎月1,000円からの返済も可能で初めての場合でも2,000円からの返済が可能なので自分に合った返済プランを立てやすくて安心です。

 

最低返済額は各サービスで決められている毎月必ず支払わなければいけない最低の金額ですが、随時返済といって返済期日に返済する最低返済額意外にも返済も行うことは可能なので、支払う無駄な利息を少しでも削減することができるように1,000円でも2,000円でも少しでも多く返済することを継続していると意外と返済期間も短くすることができ自然と支払う利息も少なくすることができますよ。

 

レイクは銀行カードローンの中でも珍しく「無利息サービス」のある銀行カードローンで最低返済額も3,000円とあまり高額ではないですが、消費者金融並みの高金利が気になってしまいますよね?
この金利の差がどれくらい利息に影響されるのか大手3サービスで比較してみました。

 

無利息はおトク?大手3サービス返済シュミレーション

人気の大手3サービスで10万円借入れして毎月の返済額を3サービスの中で最低返済額が一番高いみずほ銀行に合わせて毎月10,000円を3ヶ月、5ヶ月、10カ月で返済した場合のシュミレーションをしてみましたので参考にしてみてください。

 

■10万円を3ヶ月で返済した場合

返済回数 バンクイック

金利14.6%

みずほ銀行

金利14.0%

新生銀行レイク

金利18.0%

1 10,000円 10,000円 10,000円
2 10,000円 10,000円 10,000円
3 83,281円 83,143円 82,534円
返済総額 103,281円 103,143円 102,534円
利息合計 3,281円 3,143円 2,534円

■10万円を5ヶ月で返済した場合

返済回数 バンクイック

金利14.6%

みずほ銀行

金利14.0%

新生銀行レイク

金利18.0%

1 10,000円 10,000円 10,000円
2 10,000円 10,000円 10,000円
3 10,000円 10,000円 10,000円
4 10,000円 10,000円 10,000円
5 64,929円 64,720円 64,548円
返済総額 104,929円 104,720円 104,548円
利息合計 4,929円 4,720円 4,548円

 

返済回数が少なければ金利の差よりも30日間無利息が活かされて低金利の銀行カードローンよりも無利息サービスのあるレイクの方が支払う利息が少なくて済みますね。

 

■10万円を10ヶ月で返済した場合

返済回数 バンクイック

金利14.6%

みずほ銀行

金利14.0%

新生銀行レイク

金利18.0%

1 10,000円 10,000円 10,000円
2 10,000円 10,000円 10,000円
3 10,000円 10,000円 10,000円
4 10,000円 10,000円 10,000円
5 10,000円 10,000円 10,000円
6 10,000円 10,000円 10,000円
7 10,000円 10,000円 10,000円
8 10,000円 10,000円 10,000円
9 10,000円 10,000円 10,000円
10 17,088円 16,774円 17,200円
返済総額 107,088円 106,774円 107,200円
利息合計 7,088円 6,774円 7,200円

 

10回を超える返済の場合は無利息サービスよりも金利の差が影響されてバンクイックやみずほ銀行のように低金利のカードローンの方が支払う利息が少なくなりました。このように無利息サービスを活かすためには早めの返済を行うことが必然になります。

 

絶対にバレたくないなら金利よりも郵送物に注目!

 

みずほ銀行を普段から利用している方なら自宅に郵送物が届いても怪しまれるリスクは少ないですが、できる限りバレるリスクを避けたいなら自宅への郵送物が一切なく借入れできて毎月1,000円からの返済も可能なバンクイックなら低金利なので長期に渡る返済になっても利息を抑えることができるのでオススメです。

 

今すぐ借入れを希望するなら↓↓↓

 

 

郵送物不要!バンクイックなら最短40分で借入も可能!

実質年率1.8%〜14.6%
借入限度額500万円
審査スピード最短30分
専業主婦OK
収入証明書限度額200万円まで不要

バンクイックなら自宅への郵送物不要で夫にバレずに借入れすることが可能です。
三菱東京UFJ銀行の口座を持っていなくても最短40分で借入れすることも可能なので誰でもスピーディーに借入れすることができて「今日中にお金が必要!」といったようなピンチな場合でも安心して借入れすることができます。

 

スムーズに申込み手続きを行うためにはまずWeb申込みをして審査が行われている間に自動契約機に向かい契約後に直接カードを受取ればすぐにATMで利用することが可能です。銀行内のATMやコンビニの提携ATMでの利用も営業時間内であれば24時間いつでも手数料0円で利用することができるので無駄な出費を抑えることができます。
また、毎月1,000円からの返済も可能なので無理なく返済することができるので嬉しいカードローンです。

 

カードローンを申込むと自宅への郵送物はあるの?

 

 

 

収入証明書不要

借入するには?

 

→ 詳しくはこちら

在籍確認なし

借入するには?

 

→詳しくはこちら

パート・アルバイト

借入するには?

 

→詳しくはこちら