MENU

家賃滞納3ヶ月で強制退去になるかもしれない事をご存知ですか?

 

はじめましてタメオです。

 

今回は家賃を支払いたいけどどうしても厳しい方へ家賃の滞納によるリスクと対処法についてご説明させていただきます。家賃のお支払いでお悩みの方は読み進めてみてください。

 

家賃の滞納理由や支払日などの相談を行っていなくて信頼関係の構築ができていない場合、大家さんによっては訴訟手続きや強制執行手続きなどを経て3ヶ月で強制退去になってしまう場合もあるんです。

 

家賃滞納でお悩みの方はまず大家さんに相談しましょう。

強制退去になる前にカードローンを上手に活用

家賃の延滞を断れた方へ

 

家賃を支払いたいけど、どうしても支払いが厳しい場合はカードローンを活用している方が多いです。数あるカードローンの中でも、申込日が土日祝日関係なく、最短1時間で借入れすることが可能なのはプロミスです。

 

3ヶ月分の家賃滞納で強制退去?これさえ知っていれば大丈夫

 

プロミスなら月々の返済も1,000円からなので、滞納している家賃を一括で支払うよりも伸し掛かる生活への負担を減らすことが可能です。初めての申込みならメールアドレス登録とWeb明細利用の登録を行えば初回借入れした日の翌日から30日間は利息0円で借入れすることができるので、まずカードローンで家賃を立替えて翌月から返済を行っていけば家賃の支払いと滞納によるリスクを避けることができますよ。

 

3ヶ月分の家賃滞納で強制退去?これさえ知っていれば大丈夫

目次

たまたまの1ヶ月家賃滞納では強制退去にならない!

3ヶ月分の家賃滞納で強制退去?これさえ知っていれば大丈夫

 

まず初めに今回のテーマを進めていく中で重要なポイントとなってくる、一般的な「契約」の原則について説明させていただきます。

 

契約とは

 

 

2名以上の意思表示が合意することによって成立する法律上有効な行為のことを言い、もし当事者がこの契約に対して違反があった場合にはその違反に対して改めるように催告を行えば契約を解除することができるというものです。

でも、1度きりの契約ではなく「賃貸借契約※1」のように継続的な契約に関しては上記の原則とは異なり、借りている側に契約違反があった場合でも内容によっては直ぐに契約を解除することはできないということが民法で定義されているんです。

 

普段から家賃をきちっと支払っていて「今月たまたま家賃の支払いを滞納してしまった。」というケースの場合、大家さんの勝手な判断でいきなり契約解除となって強制退去になるということはまずあり得ないということですね。

 

たまたま1ヶ月家賃を滞納したくらいではまだ「早急に対処しなければピンチ!」といった段階ではないですが、1度滞納を経験してしまうと滞納を繰返してしまう人が多いいので注意は必要です。

 

賃貸借契約のような継続的な契約に関しては「信頼関係破壊の理論※2」といった判例上認められている理論が適用されるので、借りている側が実際に信頼関係を破壊するような行為がない限りは契約を解除することは一切できないとされています。

 

ただし信頼関係破壊の理論は、信頼関係を破壊するような行為がないことが前提なので、自分の対応に心当たりがある方は注意が必要です。

 

それでは信頼関係を破壊する行為とはいったいどんなことなんでしょうか?

 

信頼関係破壊の理論は判例上で認められている理論のため、具体的に「この行為が信頼関係の破壊だ」というのは決められていません。しかし、過去の多くの判例の中でも信頼関係を破壊する行為の原因として「長期に渡る家賃の不払い」によるものが多いです。

 

次にその信頼関係を破壊しないための方法についてご説明いたします。

 

・賃貸借契約※1…大家さんが所有している部屋を借人に貸してその対価として借人が大家さんに賃料を支払うといった契約。
・信頼関係破壊の理論※2…大家さんの一方的な都合で契約の解約を告げられれば賃借人は引越し費用など出費が嵩張り大きな負担となるためそのような不合理を無くすため裁判で認められる理論。
→目次に戻る

信頼関係を破壊しないためにはまず相談が重要

3ヶ月分の家賃滞納で強制退去?これさえ知っていれば大丈夫

 

対応してくれるかどうかは大家さん次第ですが、家賃の支払いが無理だと分かった時点でまずは大家さんに相談しましょう。滞納する前に相談することによって信頼関係が破壊されて契約解除されるといったリスクは回避することができます。

 

1ヶ月程度の家賃の滞納であれば過去の判例でも契約解除が認められるケースはほとんど無く、家賃支払いの催告に対して全く支払う意欲がなく暴力行為やかなり悪質な行為が認められない限りは契約解除が認められていないというのが現状です。

 

3ヶ月以上の滞納があっても、何度も催告したにも関わらず全く応じる気配がないといった事情が認められた場合に、初めて契約解除となり強制退去が認められているケースが多いようです。

 

過去の判例でも様々なケースがありますが、家賃を滞納しそうになったらまずは大家さんに相談しましょう。これが信頼関係を破壊しない今直ぐできる最善の方法です。

 

そして、大家さんと契約内容についてすれ違いがないように相談前には契約内容をしっかり確認しておきましょう。
そうすることでスムーズにやり取りすることができますよ。

 

契約内容を確認していると「無催告解除条項」という項目を発見!

 

契約によってはこのように無催告解除条項といった項目が記載されている場合があります。

 

名前だけを見ると「無催告」で「解除」と書いているので「これヤバイんじゃないの?」と気になってしまいますよね?

 

次に契約内容に無催告解除条項という項目の記載があった場合について調べたので参考にしてみてください。
契約内容に無催告解除条項という項目の記載がなかった方は読み飛ばして下さいね。
→目次に戻る

契約内容に「無催告解除条項」という項目が!こっれて大丈夫?

3ヶ月分の家賃滞納で強制退去?これさえ知っていれば大丈夫

 

無催告解除条項に書かれている内容は無催告解除特約と言って「当事者が契約に対して違反があった場合には違反に対しての改めを催告しなくても契約を解除することができる」という特約で、冒頭にもご説明しました「契約」の一般的な原則である「当事者が契約に対して違反があった場合に違反に対して改めを催告した場合のみ契約を解除できる」といった契約内容とは180度違っています。

 

無催告解除特約の記載があると1ヶ月の滞納でも契約解除になるんじゃないの?

 

無催告解除特約の現状

 

無催告解除特約の内容だけを聞けばこのように感じてしまいますが、実際は無催告解除特約が契約内容に記載されていても1ヶ月程度の家賃滞納であれば余程の理由ではない限り契約解除は認められず、過去の判例でも最低3ヶ月以上の家賃滞納でないとなかなか契約解除は認められていません。

 

契約内容に無催告解除特約が有っても無くても余程の理由がない限りは1ヶ月程度の家賃滞納で契約解除にはなるかもといった心配は必要なさそうですね。

 

これはあくまで余程の理由がない方が対象であるため、もし大家さんに対して信頼関係を破壊するような行為に心当たりがある方は手遅れとなる前に早めに対処しておきましょう。

 

支払いたいけど、どうしてもお金が厳しい場合はカードローンでお金を借りて支払いをするといった方法もるということも解決策の1つです。
カードローンの中でもプロミスなら「Web申込み」から最短1時間で借入れが可能で、しかも月々の返済も1,000円からOKなので安心です。
気になる方は下記をご覧ください。↓↓↓

 

3ヶ月分の家賃滞納で強制退去?これさえ知っていれば大丈夫
→目次に戻る

もし強制退去になったとしても今スグ退去ではない!

3ヶ月分の家賃滞納で強制退去?これさえ知っていれば大丈夫

 

「契約解除になって強制退去になったら明日にでも荷物をまとめて出て行かなくてはいけないの?」

 

強制退去までの猶予期間

 

 

裁判で強制退去が判決されてから「契約解除〜部屋の明け渡しが完了」となるまで最低でも約1ヶ月の猶予期間があります。

 

もしその期間内に自主的に退去することができなかったら強制退去の執行官が自宅に来て不在の場合でも鍵を開けられ強制執行されることになってしまいます。

 

強制執行されるまでには大家さんが裁判所に契約解除の提訴をしてから法的な手続きが完了するまで最低でも4カ月はかかるので、強制執行を避けたいならその期間内に新たな住居を見つけて引っ越しするようにしましょう。

 

強制執行はホントに最悪なケースですが、滞納し続けるとこのようなことになってしまう可能性は十分にあり得ます。

 

家賃の滞納を1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月と積み重なっていくにつれて状況は悪い方向にしか進んでいきません。
このような面倒な状況になる前に、家賃を支払えない理由や、滞納分の支払方法をまずは大家さんに相談して、支払える目途を立てることが重要ですね。

家賃の滞納を実際に経験した方の【体験談】

「家賃が払えなくて滞納してしまったけど、他の人はいったいどう対処したんだろう?」
他の人の対処方法って気になりますよね。

 

何よりも実際に経験をした方の体験談が一番リアルで参考になります。

 

下記は実際に家賃の滞納を経験された方の体験談です。
家賃滞納で不安に感じたことや起こってしまったトラブル、そしてアドバイスなど記載されているので是非参考にしてみてください。

 

→目次に戻る

まとめ

最後に今回のテーマについてまとめてみましたので参考にしてみてください。

■余程な理由がなければ1ヶ月の滞納で強制退去はない。
■契約解除は3ヶ月以上の家賃滞納のケースが多い。
■契約内容に「無催告解除条項」という項目があっても判例上あまり認められていない。
■強制退去を催告されて強制執行されるまで1ヶ月は猶予期間がある。
■提訴されてから強制退去になるまで最低でも4カ月は法的な手続き期間がかかる。

今まで滞りなく家賃の支払いを行っていて今回たまたま1ヶ月分の家賃を滞納してしまった場合は強制退去に関してあまり危機感を感じる必要はありませんが、支払いが無理そうだと気付いた時点でまずは大家さんに相談しましょう。

 

滞納を繰り返してしまうと信頼を失ってしまい提訴されるリスクが高くなってしまうので滞納した分はなるべく翌月には支払ってしまうことをオススメします。
→目次に戻る

支払いが厳しいならカードローンを上手に活用

 

家賃を支払いたいけどどうしてもお金が無くて家賃を支払うことができない場合は、対処法の一つとしてカードローンを利用するといった方法も御座います。

 

お金の相談は、親や兄弟などいくら身内といってもなかなか相談することって抵抗がありますよね。

 

カードローンなら周りに心配かけることなく、毎月の返済も無理することもなく利用することができるのでとても便利です。

 

カードローンの選択で失敗しないために、あなたに合ったカードローンをご提案させていただきますので、下記の中のご希望するカードローンの条件から是非読み進めてみてください。

 

 

収入証明書不要

借入するには?

 

→ 詳しくはこちら

郵送物を不要

借入するには?

 

→詳しくはこちら

在籍確認なし

借入するには?

 

→詳しくはこちら

パート・アルバイト

借入するには?

 

→詳しくはこちら

→目次に戻る