MENU

スマホを分割購入の場合、料金滞納でブラックになるかもしれないことをご存知ですか?

 

はじめましてタメオです。

 

今回はスマホ料金を支払いたいけどどうしても厳しい方へau料金の滞納によるリスクと対処法についてご説明させていただきます。au料金のお支払いでお悩みの方は読み進めてみてください。

 

スマホや携帯電話の端末を分割で購入している方が携帯料金の支払いを滞納し続けた場合は、強制解約だけではなくブラックリストとして信用情報機関に登録されて最長5年間はクレジットカードなど各種ローンの審査に通らなくなってしまうんです。

 

au料金のお支払いでお悩みの方は、まずauの相談窓口で相談しましょう。

強制解約になる前にカードローンを上手に活用

auの相談窓口で分割払いを断れた方へ

 

スマホ料金を支払いたいけど、どうしても支払いが厳しい場合はカードローンを活用している方が多いです。数あるカードローンの中でも、申込日が土日祝日関係なく、最短1時間で借入れすることが可能なのはプロミスです。

 

au料金滞納で利用停止!強制解約のリスクと対策

 

プロミスなら月々の返済も1,000円からなので、滞納しているau料金を一括で支払うよりも伸し掛かる生活への負担を減らすことが可能です。初めての申込みならメールアドレス登録とWeb明細利用の登録を行えば初回借入れした日の翌日から30日間は利息0円で借入れすることができるので、まずカードローンでau料金を立替えて翌月から返済を行っていけばau料金の支払いと滞納によるリスクを避けることができますよ。

 

au料金滞納で利用停止!強制解約のリスクと対策

目次

au料金滞納すると回線停止!発信ができない

au料金滞納で利用停止!強制解約のリスクと対策

 

まず最初にau料金滞納から利用停止になるまでの流れについてご説明します。

 

auの利用料金は月末締めの翌月25日払いになるため25日に支払いができなかった場合には、翌月の初め頃から順次「支払いのお願い」と書かれたハガキが自宅に郵送されることになります。

 

そして、そのハガキに書かれた支払期日を過ぎてしまうと回線が止められ通話ができなくなってしまいます。

 

ただし、普段からあまり通話をしない方や最近では「FaceTime」や「LINE」を利用して無料で通話をしている方は回線が止められたとしても下記のように思うかもしれません。

「Wi-Fiさえ繋がれば通話できるし大丈夫!」

 

確かに回線が止められたとしてもWi-Fiが繋がる環境ならインターネットの端末として利用することも可能です。

 

しかし、回線停止になってしまうとWi-Fiの設置がない場所や車の中など、移動中に連絡を受けることもできなければもちろん発信することもできません。

 

かなり日常生活に影響を与える回線停止ですが、そのまま放置するとさらに「契約解除」、いわゆる強制解約という状況になってしまう可能性があります。

 

次にこの強制解約についてと強制解約となるまでのauからの催促につてご説明いたします。

 

→目次に戻る

au料金滞納で強制解約になるまでの流れとリスク

au料金滞納で利用停止!強制解約のリスクと対策

 

携帯料金の滞納を放置し続けると必ず強制解約になってしまいます。
auは利用料金を滞納した月から約3ヶ月で強制解約になり、初回滞納した時の「支払いのお願い」と書かれたハガキの到着からだと最短約2ヶ月で強制解約になってしまいます。

 

下記のようにauから郵送されてくるハガキと、あなた自身が現在auから郵送されたハガキを照らし合わせて頂ければ、今自分はどんな状況なのかイメージしていただきやすいと思います。

 

au料金滞納で利用停止!強制解約のリスクと対策

 

次に回線停止や強制解約になるといったいどのようなリスクがあるのかご説明します。

 

■回線停止になった場合のリスク

・電話の発信や着信もできない
・メールの送受信ができない
・電話回線を使ったインターネットが繋がらない

 

■強制解約になった場合のリスク

・端末を分割で購入の場合は一括で支払いを求められる
・支払えない場合は信用情報に事故情報として登録される(ブラック)
・同一名義の他の契約も解除される

 

強制解約になってしまうと各携帯電話会社で情報が共有されるので新たにスマホや携帯電話の契約ができなくなってしまいます。

 

新たに契約するためには必ず滞納した料金と延滞利息を支払わなければいけません。

 

延滞利息とは

 

 

滞納料金に対して年14.6%の返済期日を過ぎた翌日から支払日の前日までの日数分の延滞利息が発生します。また、機種代を分割で購入している方は端末料金の残金に対して年6.0%の延滞利息が更にプラスされます。

 

au料金滞納で利用停止!強制解約のリスクと対策

 

下記に例をあげてみましたので参考にしてみてください。

 

例)
利用料金→1万円(端末料金も含む)
※分割で購入した端末料金の残高が5万円

 

上記の状況で30日間滞納した場合

■1万円の利用料金に対しての延滞利息
1万円×14.6%÷365日×30日=120円

 

■5万円の機種代残高に対しての延滞利息
5万円×6%÷365日×30日=246円

 

この状況で1年間延滞した場合は3,072円の延滞利息を支払わなければいけなくなってしまうんです。
延滞期間が長くなればなるほどこの延滞利息は膨れ上がってしまうので注意しましょう。

 

さらにスマホや携帯などの機種を分割で購入している方は延滞利息よりももっと大きなリスクがあることを知っていますか?

 

機種代を分割で支払っている方は利用料金を滞納し続けて強制解約になるとクレジットカードや各種ローンの審査に通らなくなってしまう場合があるんです。

 

次に強制解約になった場合のリスクについてご説明いたします。

 

→目次に戻る

強制解約になるとリスク大!各種ローン審査にも通らない

au料金滞納で利用停止!強制解約のリスクと対策

 

利用料金や機種代を滞納し続けて強制解約になってしまうとその滞納金に対しての交渉窓口は「auお客さまセンター」ではなく弁護士事務所や司法書士事務所といった機関に移行されてしまいます。そのような状態になってしまうと、最悪の場合は訴訟を起こされて裁判になったり、財産の差し押さえといった可能性も十分に考えられるんです。

 

「そんな携帯の利用料金や機種代の滞納くらいで大げさな。」と普段から当たり前のように利用しているモノだからこそこのように感じてしまいがちですが、これが実際にあり得る事実なんです。

 

機種代の分割というのは

 

基本的には車や住宅のローンと同じ借金なので強制解約になってしまうと料金の延滞や滞納して強制解約になったという情報を信用情報機関といったクレジットカードや各種ローンの申込み審査などで各金融機関が共有している個人の信用情報機関に登録されてしまうので申込みをしても審査に通らなくなってしまいます。

 

いわゆるブラックといった状態になってしまいます。

 

このような延滞や強制解約といった情報を事故情報といってこの情報は信用情報機関に最長5年間は登録されたままになり、もちろん機種代の分割もローンなので滞納金を全額支払ったとしても強制解約になってしまうと最長5年間は分割で購入することができなくなってしまいます。

 

スマホなどの機種代って昔に比べるとかなりリーズナブルにはなったとはいえまだまだ高額なので新たにスマホや携帯を分割で購入したくても分割の審査に通らなくて購入できないといったことにならないためにも強制解約になる前に延滞金の支払いを済ませておくことがオススメします。

 

支払いたいけど、どうしてもお金が厳しい場合はカードローンでお金を借りて支払いをするといった方法もるということも解決策の1つです。
カードローンの中でもプロミスなら「Web申込み」から最短1時間で借入れが可能で、しかも月々の返済も1,000円からOKなので安心です。
気になる方は下記をご覧ください。↓↓↓

 

au料金滞納で利用停止!強制解約のリスクと対策
→目次に戻る

全体で1割!au利用者は約7人に1人が滞納経験あり

au料金滞納で利用停止!強制解約のリスクと対策
「au料金の滞納者っていったいどれくらいいるんだろう?」
「料金を滞納している自分ってもしかして珍しい?」

 

滞納しているとどうしてもそんな不安を感じてしまいますよね。
そこで、スマホや携帯電話を利用している300人の方に当社が独自にアンケート調査をおこないました。

 

アンケートの結果、なんとスマホや携帯電話の利用者全体の約1割の人が携帯料金を滞納した経験があると回答しました。

 

10人に1人の人が強制解約になりブラックになる可能性があると考えたら恐ろしいですよね。

 

そして今回のアンケート結果を大手携帯会社3社とその他に分けて更に細かく調査していくと、携帯利用者全体の約2割の人がauを利用していて、しかもその利用者の7人に1人は携帯料金を滞納した経験があるという驚きのアンケート結果がでました。

 

au料金滞納で利用停止!強制解約のリスクと対策

 

この結果を見ると携帯料金を滞納してしまうことは最近ではそれほど珍しい事ではないようですね。しかし「珍しいことじゃないし滞納しても大丈夫だろう。」ということでは決してありません。
携帯料金を滞納すると必ず利用停止になり、延滞料金も加算されるし強制解約になり最悪ブラックになる可能性も十分あり得ることなので注意しましょう

 

さらにau利用者の毎月の平均利用料金を調査してみました

 

au料金滞納で利用停止!強制解約のリスクと対策

 

auの毎月の携帯料金の平均が5,001円〜10,000円という方が1番多く、最近では色々と格安料金プランなども豊富になりましたが携帯利用料金はまだまだ決して安くありませんよね。

 

最近利用料金プランを見直したのはいつですか?

 

契約してからかなり年月が経過している方は新しいプランに変更することでかなり毎月の利用料金の負担が軽減されたといったケースも多いようなので相談してみる価値はありです。

 

通話時間が長いなど通信容量を追加したなどといったように利用頻度の割には余りにも携帯料金が高いと感じる方はまず現在契約中の料金プランの見直しをすることをオススメします。

 

→目次に戻る

au料金滞納したら必ず行っておくべきこと

au料金滞納で利用停止!強制解約のリスクと対策

 

強制解約にならないためにはまず料金が支払えないと分かった時点でauの「KDDI料金センター」に相談しましょう。

 

事前に相談することによって支払う意欲があり悪質な滞納ではないことは伝わるので支払方法や期日について相談に乗ってくれるケースもあるようです。

 

また「契約解除予告通知書」が自宅に届きそこに書かれた期日に支払いが間に合わない場合でも必ず相談しましょう。

 

何も行動せずに放置してしまうと必ず下記のような状況になってしまいます。

 

au料金滞納で利用停止!強制解約のリスクと対策

 

まずは誠心誠意を持って支払いが遅れたこと、または支払いが間に合わないことを謝罪して利用料金のことを相談すれば最善の方法が見つかるはずです。

 

※■電話での問合せ
KDDI 料金センター
TEL:0120-925-447(無料)
au携帯電話から 局番なし『151』(無料)
受付時間 9:00〜17:00 (年末年始×)

■WEBでの問合せ
料金支払いの問い合わせフォーム→https://www.au.kddi.com/cs/pay447/

au利用料金の滞納を実際に経験した方の【体験談】

携帯料金といっても、auやドコモ、そしてソフトバンクなど携帯会社はたくさん存在します。
そして、携帯料金の滞納に対する対応も各携帯会社によって多少異なってくるようです。

 

下記は実際にau料金の滞納を経験された方の体験談なので、是非参考にしてみてください。

 

 

上記の記事を読まれている方は下記の【体験談】の記事もよく読まれています。

→目次に戻る

まとめ

最後に今回のテーマについて重要ポイントを下記にまとめてみました。

■「支払いのお願い」ハガキの支払期日を過ぎると回線停止。
■回線が止まってもWi-Fiが繋がれば通話は可能。
■au料金滞納から約3ヶ月で強制解約になる。
■延滞すると別途延滞利息が発生する。
■強制解約になるとクレジットカードや各種ローン審査に通らない。
■最長5年間は新たにスマホや携帯の機種代を分割で購入できない。
■支払いが滞りそうならまずは「KDDI料金センター」に相談する。
■契約プランの見直しをすると毎月の負担が減るかもしれない。

現在ではスマホや携帯は無ければ生活に支障がでてしまうくらい重要な存在ですよね。

 

身近な存在だからこそ料金の延滞や滞納によるリスクが見えにくくなりがちですが、放っておけばいつかどうにかなるものではなく絶対に支払わなければいけないものなので強制解約になってから後悔する前に支払いを済ませてリスク対策をしておきましょう。
やはりまずは延滞することなく毎月の支払いを継続することが大切ですね。
→目次に戻る

支払いが厳しいならカードローンを上手に活用

 

どうしても支払いが厳しいのであれば「カードローン」を利用してピンチを乗り切ることも解決策の一つです。

 

最近ではカードローンを利用する方が多いため地方銀行までもがカードローンサービスを提供するようになり「一体どのカードローンを選べばいいの?」と悩んでしまう方がほとんどだと思います。

 

「自宅に郵送物がないと思って申込んだけど郵送物が届いてしまった。」

 

といったようなカードローンの申込みで失敗しないために、あなたのご希望に合ったカードローンをご提案いたしますので、カードローンの申込みをご検討されている方は、下記の中のご希望するカードローンの条件から是非読み進めてみてください。

 

 

 

収入証明書不要

借入するには?

 

→ 詳しくはこちら

郵送物を不要

借入するには?

 

→詳しくはこちら

在籍確認なし

借入するには?

 

→詳しくはこちら

パート・アルバイト

借入するには?

 

→詳しくはこちら

→目次に戻る