MENU

電気料金の未払いで送電停止!?滞納のリスクとホントのこと

電気料金の未払いで送電停止!?滞納のリスクとホントのこと

 

「電気料金を滞納していたら送電停止の予告ハガキが届いたけど、このまま支払わなかったらホントに送電停止になるの?」

 

普段生活の中で当たり前の用に使用している電気なので、まさか送電停止になるなんて中々イメージできませんよね。

 

電気料金は支払わなければ必ず送電を停止されることになってしまいます。
しかも送電停止の予告ハガキが届いたのであればもうかなり危険信号です。

 

送電停止になったらどういったリスクがあるのか想像してみてください。

 

自宅にある全ての家電が利用できなくなるなんてゾッとしませんか?

 

そこで送電停止になったらどういったリスクがあるのか全国の電力会社の対応についても調べてみましたので電気料金でお悩みの方は読み進めてみてください。

差し押さえになる前にカードローンを上手に活用

電力会社に分納を断れた方へ

 

電気料金を支払いたいけど、どうしても支払いが厳しい場合はカードローンを活用している方が多いです。数あるカードローンの中でも、申込日が土日祝日関係なく、最短1時間で借入れすることが可能なのはプロミスです。

 

電気料金の未払いで送電停止!?滞納のリスクとホントのこと

 

プロミスなら毎月の返済も2,000円からなので、家計への負担が少なく、初めての申込みならメールアドレス登録とWeb明細利用の登録を行えば初回借入れした日の翌日から30日間は利息0円で借入れすることができます。カードローンを利用することで電気料金の支払いによるピンチを乗り切ることができて、一気に伸し掛かる生活への負担も減らすことが可能です。
今スグ支払えるお金が無くても大丈夫!カードローンを上手に活用することで電気料金の延滞による悩みをスグに解決することができますよ。

 

電気料金の未払いで送電停止!?滞納のリスクとホントのこと

 

468*60

 

目次

送電停止による日常生活への影響は大!

電気料金の未払いで送電停止!?滞納のリスクとホントのこと

 

電力会社からの送電が停止になると、いったいどういった状況になると思いますか?

 

まず初めに電力会社からの送電が停止になると影響を受けるリスクについて見てみましょう。

 

■明かりが点かない

送電が停止になる時間帯までは電力会社は告知してくれないので、夜に突然送電停止になった場合、当然真っ暗になってしまうので転んでしまったりといったようにケガをするような事故が起こってしまう可能性があります。

 

■食料の保存ができなくなってしまう

冷蔵庫も電気で動いているので送電停止になってしまうと食料の保存ができなくなってしまいます。そうなると中の食材の腐食が始まってしまい食材が無駄になってしまいます。

 

■通信手段がなくなってしまう

電気が使えないと自宅の固定電話も利用する事ができず、スマホや携帯の充電もできないので充電があるうちは良いですが自宅からの通信手段がなくなってしまいます。

 

■暖房機器が使えない

エアコンやファンヒーター、扇風機などいった暖房機器が使えなくなってしまうので住まれている地域によっては十分生命にかかわる状況になってしまう可能性もあります。

 

この他にも想定できるリスクはたくさんありますが、結局家電という家電が全て使用することができなくなってしまいます。

 

このように送電停止になった場合のデメリットはいくらでも出てきますがメリットなんて全く出てきませんよね。

 

しかも最近多いオール電化のご家庭であればお湯も出ないし調理もできないので想像しただけでもゾッとしますよね。

 

この問題を解決するため方法は滞納している電気料金を支払うことしかありません。
しかもこの電気料金を支払わなければ最悪の場合給与や預貯金など財産を差し押さえられてしまうといった可能性もあるんです。

差し押さえもある?延滞利息と送電停止になるまでの流れ

 

どこで耳にしたのかは分かりませんが「生活のライフラインである電気や水道、ガスといった公共料金は、滞納してもなかなか止められることはない」と聞いたことありませんか?

 

そんな事実は全くなく、ライフラインである公共料金であっても、料金を支払わずに滞納し続けていると差し押さえになってしまう可能性は十分にあり得るんです。

 

差し押さえを実行するためには訴訟を起こさなくてはいけません。
そのためには費用や時間のリスクがあるので全てのケースで差し押さえになるわけではありませんが、電力会社からの催促に全く応じることなく、かなり悪質だと判断されてしまうと最悪の場合は訴訟を起こされて差し押さえになってしまうといった可能性も考えられるので注意が必要です。

 

送電停止は料金を滞納してしまうとある日突然行われるものではありません。
必ず電力会社から事前に送電停止を知らせるハガキが自宅に郵送されるのでハガキに記載されている期日までに支払うことが重要です。

 

決して安くない電気料金ですが電気料金を滞納すると延滞利息というのが更に加算されることを知っていますか?

 

延滞利息というのは支払期日を過ぎて電気料金を支払った場合にその滞納した日数により加算される利息ですが、この延滞利息は滞納期間が長くなればなるほど延滞利息は膨れ上がり、気が付いたら「こんな金額に!?」といった状況になってしまう可能性も否めません。

 

分かりやすいように延滞利息と送電停止になるまでの流れを関西電力を例にして観てみましょう。

 

■関西電力
支払期限:検針日の翌日から30日目
延滞利息制度:延滞利息→年利10%
※ご家庭で使用するくらいの低圧の電気利用なら10日以内に支払えば延滞利息はなし
送電停止:支払期日の翌日から20日目を経過した場合はお知らせして送電停止となる

 

電気料金の未払いで送電停止!?滞納のリスクとホントのこと

 

延滞利息を計算する公式は下記のようになります。
■延滞利息の公式

電気料金×延滞利息(年利10%)×延滞日数÷365日=延滞利息

 

電気料金1万円を5カ月滞納した場合でシュミレーションをしてみましたので参考にしてみてください。

 

例)1万円(電気料金)×年利10%(延滞利息)×150日(5カ月)÷365日=約410円

 

5カ月の滞納ならそれほど大きな利息にはなりませんが滞納期間が長くなればなるほど利息は増えていくし、支払う前に悪質だと判断され差し押さえになってしまう可能性も否めません。

 

支払期日の翌日から10日以内に支払えば延滞利息は0円で済むのでなるべく早めの支払いをすることをオススメします。

送電停止になりそうならまずは電力会社に相談!

電気料金の未払いで送電停止!?滞納のリスクとホントのこと

 

まずはどんな理由であっても料金が支払えそうにないと気付いた時点で利用している電力会社に相談しましょう。

 

事前に相談することで支払期日には間に合わないけど電気料金を支払う意欲があることは伝えることができるので電力会社によっては納期日を延長してくれたり分割での支払いに対応してくれる場合もあります。

 

また送電停止になるまでの支払期日に間に合わない場合もまずは電力会社に相談しましょう。

 

これは電気料金の滞納に関わらず水道料金やガス料金など公共料金の支払いが間に合わなくて滞納しそうになった場合や、支払いたくないわけじゃないけどどうしようもない理由で結果滞納してしまった場合には、必ず相談することが大切です。
相談することで支払う意欲があることも伝えることもできますし、まず信頼してもらうことができるので最善の解決策を提案してもらえるきっかけになるはずです。

 

誠心誠意をもって偽りなく正直に相談することが大切ですね。

 

次に全国の電力会社を調べてみたので参考にしてみてください。

全国の主な電力会社の内容を徹底調査

電力会社名 制度の種類 支払期日 延滞利息率 送電停止開始日
北海道電力 延滞利息制度 検針日から30日目 10%

※支払期日の翌日から10日以内は0円

東北電力 延滞利息制度 検針日から30日目 10%

※支払期日の翌日から10日以内は0円

東京電力ホールディングス 延滞利息制度 検針日から30日目 10%

※支払期日の翌日から10日以内は0円

支払期日の翌日から20日目〜
中部電力 延滞利息制度 検針日から30日目 10%

※支払期日の翌日から10日以内は0円

支払期日の翌日から20日目〜
北陸電力 延滞利息制度 検針日から30日目 10%

※支払期日の翌日から10日以内は0円

関西電力 延滞利息制度 検針日から30日目 10%

※支払期日の翌日から10日以内は0円

支払期日の翌日から20日目〜
中国電力 現在)早遅収料金制度 早)早収期日→検針日から20日目

支払期限日→検針日から50日目

早収期日の翌日から3% 検針日の翌日から50日目
変更)延滞利息制度(H29.4月〜) 検針日から30日目 10%

※支払期日の翌日から10日以内は0円

四国電力 延滞利息制度 検針日から30日目 10%

※支払期日の翌日から10日以内は0円

九州電力 延滞利息制度 検針日から30日目 10%

※支払期日の翌日から10日以内は0円

沖縄電力 延滞利息制度 検針日から30日目 10%

※支払期日の翌日から10日以内は0円

 

以前は「早遅収料金制度」といった早収期限日までに支払った場合は「早収料金」が用意されていて、それ以降の支払いの場合は3%を加算した「遅収料金」を支払うといった制度を採用していた電力会社も多かったですが、九州電力や沖縄電力、北陸電力は平成26年以降から次々と延滞利息制度の方に移行していっています。

 

現在は中国電力だけが早遅収料金制度を採用していて、検針日の翌日から50日目の支払期日になっても料金を支払わない場合はお知らせをした上で送電停止になってしまいます。

 

電気料金の未払いで送電停止!?滞納のリスクとホントのこと

 

中国電力も平成29年4月以降は延滞利息制度の方に変更されるので全ての電力会社でこの制度が採用されることになります。

 

延滞利息制度は支払期日の翌日から10日以内に支払えば延滞利息はかからない猶予期間というのが設定されているので、もし支払期日に間に合わなかった場合でも猶予期間内に支払えば延滞利息は0円なので安心ですね。

 

また送電停止が開始される期日を明確に掲示していない電力会社が多いですが、掲示していないから送電停止にはならないわけではないので注意しましょう。
支払いをしなければいずれ必ず送電停止になってしまいます。
できるだけ早めに電気料金を支払うことをおススメします。

 

支払いたいけど、どうしてもお金が厳しい場合はカードローンでお金を借りて支払いをするといった方法もるということも解決策の1つです。
カードローンの中でもプロミスなら「Web申込み」から最短1時間で借入れが可能で、しかも月々の返済も2,000円からOKなので安心です。
気になる方は下記をご覧ください。↓↓↓

 

電気料金の未払いで送電停止!?滞納のリスクとホントのこと

電気料金の滞納を実際に経験した方の【体験談】

 

電気料金の滞納など他の料金滞納に限らずですが、どんなことでも経験したからこそ分かる事や、気付くことってありますよね。

 

「電気料金を滞納した人ってどう対処したんだろう?」

 

下記は実際に電気料金の滞納を経験された方の体験談になります。
経験で学んだ事や失敗談、アドバイスなどが記載されていますので是非参考にしてみてください。

 

 

まとめ

 

最後に今回のテーマについてまとめてみました。

 

■電気料金を支払わなければ送電停止になる。
■送電停止になると生活へのリスクが大きい。
■滞納し続けたら差し押さえになる可能性がある。
■滞納したらまず電力会社に相談する。
■滞納したら延滞利息が別途かかる。
■滞納したらまず電力会社に相談する。
■支払期日に間に合いそうにないなら電力会社に相談する。

 

電気が無ければ生活できないと言っても過言ではないくらい日々の日常生活の中で電気に依存していますが、当然料金を滞納して支払わなければ送電停止になってしまいます。

 

とっても便利な家電も動かなくなっては何の役にも立ちませんよね。

支払いが厳しいならカードローンを上手に活用

 

電気料金を支払いたいけど、どうしてもお金が無くて支払うことができない場合ってありますよね。そんなピンチの対処法の一つとしてカードローンを利用するといった方法も御座います。

 

カードローンなら両親や友人に相談することもなく、誰にも心配かけず自分で解決することができます。

 

カードローンで失敗しないためにあなたに合ったカードローンをご提案させていただきますので、下記の中のご希望するカードローンの条件から是非読み進めてみてください。

 

 

 

収入証明書不要

借入するには?

 

→ 詳しくはこちら

郵送物を不要

借入するには?

 

→詳しくはこちら

在籍確認なし

借入するには?

 

→詳しくはこちら

パート・アルバイト

借入するには?

 

→詳しくはこちら