MENU

三井住友銀行の審査、借入、返済方法など

実質年利年4.0%〜年14.5%
借入限度額10〜800万円
審査スピード-
専業主婦NG
収入証明書50万円超の申込は収入証明が必要です
三井住友銀行のココに注目!

 

 

・選べる2種類のカード!
・プロミスでもカード受取可!

 

三井住友銀行カードローンは口座がない方でも申込が可能です。三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、契約までの手続きがWEBで完結が可能です。口座をお持ちでない方でも、スマホやパソコン、ケータイからWEB申込みをしてお近くの三井住友銀行内に設置されているローン契約機、または三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)の無人契約機内に設置されているローン契約機でローンカードを直接受取ることができます。お近くに三井住友銀行やプロミスの無人契約機がある方はスピーディーな借入れが可能な頼もしいカードローンです。

 

三大メガバンクである三井住友銀行が提供するサービスであり、最高限度額800万円と高額設定なため安心してご利用していただくことができます。

目次

三井住友銀行でスピーディーに借入れするためには

三井住友銀行の審査、借入、返済方法など
三井住友銀行でスピーディーな借入をご希望の方はまず普通預金口座があるのか?無いのかで申し込み方法が異なりますので下記の項目をチェックしてください。

三井住友銀行の普通預金口座はありますか?

三井住友銀行の審査、借入、返済方法など 三井住友銀行の審査、借入、返済方法など

 

まず初めに三井住友銀行カードローンの7つの申込み方法をご紹介いたします。

インターネットバンキング(SMBCダイレクト)での申込み 既に口座を持っていれば、来店や審査書類提出も不要で申込みも可能です。
パソコン、スマホからWeb申込み 24時間いつでもスマホやパソコンから申込みができます。
ケータイからの申込み インターネット対応のケータイから24時間いつでも申込みができます。
ローン契約機での申込み 銀行内やプロミスの無人契約機内に設置されているローン契約機なら、申込みから契約まで可能です。
電話で申込み 直接オペレーターに申込みについての不安などを相談しながら申込むことができます。

受付時間:毎日9:00〜21:00(1月1日を除く)

郵送での申込み 来店不要で誰にも会うことなく申込みができます。

 

この申込み方法の中でスピーディーな借入れするためには下記の5つの申込み方法が可能となります。

 

・インターネットバンキング(SMBCダイレクト)での申込み
・パソコン、スマホからWeb申込み
・ケータイからの申込み
・ローン契約機での申込み
・電話で申込み

 

三井住友銀行は銀行内やプロミスの店舗内にローン契約機が設置されているので、郵送以外の申込み方法ならローン契約機で直接ローンカードを受取ることが可能となります。なので、多彩な申込み方法でスピ―ディーな借入れが可能となります。

 

ではいったいこの5つの申込み方法の中でもお急ぎの方が借入れするためにはどの申込み方法が良いのでしょうか。

 

私がオススメする申込み方法は下記の2つの申込み方法です。

 

■インターネットバンキング(SMBCダイレクト)での申込み
■パソコン、スマホからWeb申込み

 

この2つに注目して申込み方法をご紹介いたします。

口座がある方はインターネットバンキング(SMBCダイレクト)を活用

希望額が50万円以内ですか?

三井住友銀行の審査、借入、返済方法など 三井住友銀行の審査、借入、返済方法など
三井住友銀行は銀行カードローンの中でも口座不要でスピ―ディーな借入れができる数少ない銀行ですが、さらに口座がある方なら申込み時の面倒な提出書類が不要で申込みも可能です。

口座ありで50万円以内なら提出書類不要も可能

三井住友銀行の審査、借入、返済方法など

 

三井住友銀行の普通預金口座を持っている方で希望額50万円以内ならインターネットバンキング・モバイルバンキング(SMBCダイレクト)を活用すれば来店不要、原則、審査書類提出も不要で申込みをすることが可能です。インターネットバンキング・モバイルバンキング(SMBCダイレクト)からお申し込みしてください。
審査通過と同時に契約可能で、いつものキャッシュカードで借入することができるのでスピーディです。

 

ただし、キャッシュカードで借入すると通帳に記帳が記載されてしまうのでもし借入をバレたくない方はこちらを参照ください。

 

手続き完了後スグに借入れOK!

 

口座がある方で50万円以内の借入れの場合は、申込み書の提出だけで手続き完了となるため、スムーズに申込み手続きを行うことが可能です。しかも既にお持ちのキャッシュカードで、審査通過後スグに借入れすることができるのでかなりスピーディーです。

三井住友銀行の審査、借入、返済方法など

 

→目次に戻る

口座ありで限度額50万円を超える場合

希望額が50万円を超える場合は、下記の6つの収入証明書のうちいずれか1つの書類を提出する必要があります。

 

■収入証明書

・給与明細書(発行日が3ヶ月以内のもの)
・源泉徴収票
・税額通知書
・納税証明書
・所得証明書
・確定申告書

 

やはり一般的には給与明細書が手っ取り早いと思います。

バレたくない人は新しく口座開設を!

 

インターネットバンキングやモバイルバンキングを活用してカードローンを利用する場合には三井住友銀行の口座を通じの取引となってしまうためどうしても口座記録が残ってしまいます。どうしても口座記録を避けたい場合にはカードローン用に新たな口座を開設するか、ローンカードを発行してATMから直接借入れや返済を行うかしか対策はありません。ローンカードを発行するとカードを見られてバレてしまうといったリスクも考えられるのでどうしてもバレたくない方は新たな口座開設をオススメします。

三井住友銀行の審査、借入、返済方法など

 

→目次に戻る

口座がない方はローン契約機 or 郵送

お急ぎの融資をご希望ですか?

三井住友銀行の審査、借入、返済方法など 三井住友銀行の審査、借入、返済方法など

 

三井住友銀行の口座を持っていなくても、新たに口座を開設する必要もなく申込が可能です。ローン専用カードなら「かんたんお申込」と「通常お申込」を選択して申込みフォームに必要事項を入力して送信するだけ審査スタートとなります。
この申込み時に注意しておきたいことは、カードの受取り方法の選択を間違えてしまうとスピ―ディーな借入れができなくなってしまうということです。

 

「Web申込み」も「インターネットバンキング(SMBCダイレクト)での申込み」と同様にローン契約機と郵送とで選択することが可能で、このカードの受取り方法によって契約方法と利用できるまでの時間が大きく変わってしまいます。まず、この2つのカード受取り方法の特徴を説明いたします。

お急ぎならローン契約機でカード受取り!

三井住友銀行の審査、借入、返済方法など

 

口座がない方でお急ぎの融資をご希望の方はまずはwebで審査申し込み、審査通過すれば、三井住友銀行内に設置されているローン契約機、または三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの店舗内に設置されているローン契約機でカードを受け取ることが可能です。
ただしローン契約機でカードを受け取るときに主に本人確認書類とされる下記のうちいずれか1つのコピーを持参して契約登録の手続きを行うのでお忘れなく。

 

・運転免許証
・個人番号カード
・パスポート
・住民基本台帳カード(顔写真付き)

 

※上記以外の本人確認書類については、三井住友銀行のホームページでご確認ください。

ローン契約機台数がトップクラスの全国約1,800台!

 

 

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)は三井住友フィナンシャルグループなのでプロミスの店舗内にも三井住友銀行のローン契約機が設置されているので全国に1,800台とカードローンの中でもトップクラスの契約機台数になっています。なので近くのローン契約機でスグに手続きをすることが可能です!

 

 

→目次に戻る

口座がなくてもカード発行が郵送なら来店不要で手続きOK

 

ローン審査完了後に契約書類とローン専用カードが自宅に郵送されて、契約書類の必要事項を記入して、本人確認書類のコピーと一緒に返送して、その必要書類が到着後に契約登録の手続きを行うことになります。
契約登録が完了次第カードを利用することが可能になりますが利用できるまで時間がかかってしまいます。

2つのお申し込み方法について

三井住友銀行カードローンでは2つの申込み方法があります。必須項目の違いもありますが注目すべきは金利が下がる可能性もあるということです。

かんたんお申込

利用限度額が30万円までと限定されますが、申込みページで記入する必須項目が通常項目よりも少なくなります。

通常お申込

利用限度額が最大800万円まで可能で、必須項目を入力することで以下のような借入利率で借入することができます。

かんたんお申込 通常お申込
カードローン 年14.5% 年4.0%〜年14.5%
ライフイベント応援パック(カードローン付住宅ローン) 年8.0% 年3.0%〜年8.0%
「通常お申込」がオススメ

 

「かんたんお申込」と「通常お申込」は、申込み時に記入する項目の違いだけで、「かんたんお申込」だから審査が通りやすいといったことはありません。しかも、「かんたんお申込」はカードローンの場合、借入金利が14.5%と決まっているのに対して、「通常お申込」は借入金利が4.0%〜14.5%となっているため、実際の審査結果によっては「通常お申込」の方が金利が低くなる可能性もあります。

 

高額な借入れを希望する方は利用限度額が最大800万円まで可能な「通常お申込」の方がオススメです。
また、カードの種類に関しては、ゆうちょ銀行が使えなくては困るといったことが無ければ、提携コンビニATMで24時間利用できて、手続き完了後すぐに利用できる「キャッシュカード兼用カード」を選択することが最短最速で利用できる申込み方法です。

申込みが完了したら、次に審査となり契約となります。三井住友銀行は下記の2つのカードから選択することができます。

キャッシュカード兼用カード

既に持っているキャッシュカードにカードローン機能をプラスするといった仕組みです。別にカードを作る必要も無く、手続き完了後すぐに三井住友銀行ATMや提携コンビニATMでカードローンを利用することができます。キャッシュカード自体見た目は何も変わらないので誰かに見られた場合でもバレにくく安心です。

ローン専用カード

カードローン専用のカードを新しく作成するといった仕組みです。申込み時にカードをローン契約機か郵送で受取るかを選択することができて、ローン契約機で受取る場合はその場で直接カードを受取ることができます。
郵送で受取るのを選択した場合は、カードと契約書類が郵送され、契約書類を記入し返送した後に登録手続が行われるため、カードが利用できるまでに時間がかかってしまいます。
しかし、キャッシュカード兼用カードはゆうちょATMでは利用できませんが、ローン専用カードなら利用できるといった利点もあります。

 

三井住友銀行の審査、借入、返済方法など

 

→目次に戻る

その他の申込み方法について

次にオススメではありませんがその他の申込み方法についても、ご紹介しておきます。

 

■ケータイからの申込み
インターネット対応のケータイから「http://923923.jp」にアクセスして必要項目を入力して送信するだけで申込みが完了です。

 

契約手続きは「Web申込み」と同様ですが、ケータイからの申込みの場合は、インターネット対応の場合だけなので注意が必要です。

 

■ローン契約機での申込み
三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行内に設置されているローン契約機や、三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの店舗内に設置されているローン契約機でも申込むことができます。
ローン専用カードだけではなく既に持っている普通預金キャッシュカードを兼用カードとして利用することを選択することも可能です。更に、下記の時間内に申込めばその場で契約手続き完了し、直接ローン専用カードを受取ることが可能になります。

 

審査結果のお知らせ可能時間

通常時間帯 9時〜21時

※1月1日を除く

 

■電話で申込み
直接オペレーターにカードローンに対しての不安や、申込みに対しての悩みを相談しながら申込むことができます。
ローン専用カードの受取り方法も郵送とローン契約機での受取りを選択することが可能です。

 

受付時間

毎日 9時〜21時

※1月1日を除く

 

「インターネットバンキング(SMBCダイレクト)での申込み」と「パソコン、スマホからWeb申込み」以外のスピ―ディーな借入れが可能な申込み方法でも、スピ―ディーな借入れするためにはローン専用カードの受取りを「ローン契約機での受取り」で選択するようにしましょう。「郵送での受取り」を選択してしまうと1〜2週間手続完了まで時間がかかってしまいます。三井住友銀行は銀行内に設置されているローン契約機や、三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの店舗内に設置されているローン契約機でもローン専用カードを受取ることが可能なのでとても利用しやすく便利です。

 

三井住友銀行の審査、借入、返済方法など

 

→目次に戻る

三井住友銀行の返済方法について

三井住友銀行の審査、借入、返済方法など

 

三井住友銀行の返済方法は下記の4つの返済方法から選択することができます。

 

■ATMでの返済
三井住友銀行のATMをはじめ、セブン銀行やイーネット(ファミリーマート)、ローソン・エイティエム・ネットワークス(ローソン)やゆうちょ銀行に設置されているATMからいつでも返済することができます。ローン専用カードで利用されている場合は、三井住友銀行ATMやコンビニATM、ゆうちょATMでの返済が可能ですが、キャッシュカード兼用で利用されている場合はゆうちょATMでは返済ができないので注意が必要です。

対応ATM ローン専用カードで返済 キャッシュカード兼用で返済
三井住友銀行ATM
コンビニATM
ゆうちょATM ×

■振込みでの返済
契約時に登録したカードローン口座への振込みで返済することができます。ただし、銀行振込の際の振込手数料は自己負担になります。

 

■口座振替で返済
普通預金口座からカードローン口座へ振替返済することができます。口座振替を利用するためには、SMBCダイレクトを契約してカードローン口座をSMBCダイレクトの利用口座に指定しなければいけません。

 

■自動引落しで返済
三井住友銀行の口座をお持ちの方であれば、普通預金口座から返済期日に自動引落しで返済することができます。返済期日までにカードローン口座への入金が無かった場合、カードローンの返済用預金口座から最低返済金額を自動で引き落としされます。その際に残高が最低返済額未満の場合はその口座の残高を全て引き落としされることになりますが、その金額が利息に満たされなかった場合は追加の借り入れができなくなるので注意が必要です。

 

●口座をお持ちの方であれば「自動引落しで返済」がオススメです。
返済期日に自動で引落し返済してもらえるので「うっかり返済期日を忘れてしまい延滞してしまった。」というようなうっかり忘れを予防することができるため安心です。1日でも延滞してしまうと延滞料金が発生して個人信用情報にも延滞の情報が登録されてしまうため、延滞を2度、3度と繰り返してしまうと今後のいろいろなローン審査に悪い影響を及ぼしてしまいます。

 

●口座をお持ちでない方は「ATMでの返済」がオススメです。
ローン専用カードなら三井住友銀行ATMやコンビニATM、ゆうちょATMで手数料無料で返済することができるためとても便利です。

 

三井住友銀行の審査、借入、返済方法など

 

→目次に戻る

三井住友銀行の返済期日について

三井住友銀行の審査、借入、返済方法など
三井住友銀行は毎月5日、15日、25日、月末の4つの中から自分に合った返済期日から選択することができます。返済期日までに1ヶ月1回都合に合わせて返済することができ、その月の中で2回目以降の返済は随時返済という扱いになります。そして返済期日前に返済した場合は、次回の返済期日は翌月に繰り越しになります。

 

例)1月に返済期日毎月5日での場合

返済回数 返済日 次回返済日
1 2月5日 3月5日
2 3月5日 4月5日
3 4月1日 5月5日

 

初めての借入れの方や、借入残高が全くない状態で借入れした場合は、借入当日を含めた日から2回目の返済期日までの返済となるので安心です。
ただし返済期日が銀行休業日の場合は、翌営業日が返済期日となるので、返済期日がいつになるのか十分注意が必要です。
返済を無理なく続けていけるようにも給料日などのタイミングに合わせて返済期日を選択するようにしましょう。

 

三井住友銀行の審査、借入、返済方法など

 

→目次に戻る

三井住友銀行で実際に借入れした場合の最低返済額は

三井住友銀行の審査、借入、返済方法など

 

三井住友銀行の返済方法は「残高スライド方式」になります。残高スライド方式とは、毎月の返済金額が残高に合わせてスライドしていくといった返済方式のことを言い、その返済金額から下記の計算式で算出した利息、手数料が差し引かれて、その残金が借入れの元金の返済となります。

 

■利息の計算方法
最終に借入れした後の残高×借入利率÷365(1年)×利用日数

 

まず、残高スライド方式を元に三井住友銀行が定めている最低返済額の設定をご紹介いたします。

 

借入れ残高 最低返済額
1円〜2千円まで 約定返済時の借入残高全額
2千円以上〜10万円以下 2,000円
10万円超〜20万円以下 4,000円
20万円超〜30万円以下 6,000円
30万円超〜40万円以下 8,000円
40万円超〜50万円以下 10,000円
50万円超〜60万円以下 11,000円
60万円超〜70万円以下 12,000円
70万円超〜80万円以下 13,000円
80万円超〜90万円以下 14,000円
90万円超〜100万円以下 15,000円
100万円超〜110万円以下 16,000円
110万円超〜120万円以下 17,000円
120万円超〜130万円以下 18,000円
130万円超〜140万円以下 19,000円
140万円超〜150万円以下 20,000円
150万円超〜160万円以下 21,000円
160万円超〜170万円以下 22,000円
170万円超〜180万円以下 23,000円
180万円超〜190万円以下 24,000円
190万円超〜200万円以下 25,000円
200万円超〜210万円以下 26,000円
210万円超〜220万円以下 27,000円
220万円超〜230万円以下 28,000円
230万円超〜240万円以下 29,000円
240万円超〜250万円以下 30,000円
250万円超〜260万円以下 31,000円
260万円超〜270万円以下 32,000円
270万円超〜280万円以下 33,000円
280万円超〜290万円以下 34,000円
290万円超〜300万円以下 35,000円
300万円超〜350万円以下 40,000円
350万円超〜400万円以下 45,000円
400万円超〜450万円以下 50,000円
450万円超〜500万円以下 55,000円
500万円超〜600万円以下 60,000円
600万円超〜700万円以下 65,000円
700万円超〜800万円以下 70,000円

 

三井住友銀行は借入残高が2千円以上から50万円以下の場合は、借入残高が10万円単位で増えるたびに、2,000円から4,000円というように2,000円づつ増加されていきます。しかし、借入残高が50万円超になると残高が300万円以下までは借入残高が同じようにが10万円単位の増加でも1,000円単位での増加となり、借入残高が500万円超を境に最高限度額の800万円まで借入残高が50万円単位で増えるたびに最低返済額が5,000円づつ加算されていくといったように借入残高によって最低返済額が加算されるパターンが変化するので、高額の借入れをされる方は現在の借入れ残高がいくらなのか下記の方法で確認することができるので返済期日の前にしっかり確認しておきましょう。

 

カードローンご利用状況の確認方法

 

■カードローンプラザへのお電話による照会
■三井住友銀行本支店ATMでの照会
■インターネットバンキング・モバイルバンキング(SMBCダイレクト)での照会

 

三井住友銀行の審査、借入、返済方法など

 

→目次に戻る

三井住友銀行の最低返済額シュミレーション

三井住友銀行の審査、借入、返済方法など
実際にこれから借入れして、最低返済額だけを毎月返済したらいったいどれくらいの利息がかかって、どれくらいの期間で完済することができるのか三井住友銀行の返済シュミレーションをしてみました。完済までの返済計画をたて、安心してカードローンを利用するために是非参考にしてみてください。

1万円を借入れした場合

【シュミレーション条件】
・実質年率:年14.5%
・毎月の返済額:借入れ残高に応じた最低返済額(借入れ残高2千円以上〜10万円以下→最低返済額2千円)

回数 返済額 元金 利息 残高
1 2,000円 1,881円 119円 8,119円
2 2,000円 1,904円 96円 6,215円
3 2,000円 1,926円 74円 4,289円
4 2,000円 1,949円 51円 2,340円
5 2,000円 1,973円 27円 367円
6 371円 367円 4円 0円
累計 10,371円 10,000円 371円 0円

 

3万円を借入れした場合

【シュミレーション条件】
・実質年率:年14.5%
・毎月の返済額:借入れ残高に応じた最低返済額(借入れ残高2千円以上〜10万円以下→最低返済額2千円)

回数 返済額 元金 利息 残高
1 2,000円 1,643円 357円 28,357円
2 2,000円 1,663円 337円 26,694円
3 2,000円 1,682円 318円 25,012円
4 2,000円 1,702円 298円 23,310円
5 2,000円 1,723円 277円 21,587円
6 2,000円 1,743円 257円 19,844円
7 2,000円 1,764円 236円 18,080円
8 2,000円 1,785円 215円 16,295円
9 2,000円 1,806円 194円 14,489円
10 2,000円 1,828円 172円 12,661円
11 2,000円 1,850円 150円 10,811円
12 2,000円 1,872円 128円 8,939円
13 2,000円 1,894円 106円 7,045円
14 2,000円 1,917円 83円 5,128円
15 2,000円 1,939円 61円 3,189円
16 2,001円 1,963円 38円 1,226円
17 1,240円 1,226円 14円 0円
累計 33,241円 30,000円 3,241円 0円

 

5万円を借入れした場合

【シュミレーション条件】
・実質年率:年14.5%
・毎月の返済額:借入れ残高に応じた最低返済額(借入れ残高2千円以上〜10万円以下→最低返済額2千円)

回数 返済額 元金 利息 残高
1 2,000円 1,405円 595円 48,595円
2 2,000円 1,421円 579円 47,174円
3 2,000円 1,438円 562円 45,736円
4 2,000円 1,455円 545円 44,281円
5 2,000円 1,473円 527円 42,808円
6 2,000円 1,490円 510円 41,318円
7 2,000円 1,508円 492円 39,810円
8 2,000円 1,526円 474円 38,284円
9 2,000円 1,544円 456円 36,740円
10 2,000円 1,563円 437円 35,177円
11 2,000円 1,581円 419円 33,596円
12 2,000円 1,600円 400円 31,996円
13 2,000円 1,619円 381円 30,377円
14 2,000円 1,638円 362円 28,739円
15 2,000円 1,658円 342円 27,081円
16 2,000円 1,678円 322円 25,403円
17 2,000円 1,698円 302円 23,705円
18 2,000円 1,718円 282円 21,987円
19 2,000円 1,738円 262円 20,249円
20 2,000円 1,759円 241円 18,490円
21 2,000円 1,780円 220円 16,710円
22 2,000円 1,801円 199円 14,909円
23 2,000円 1,823円 177円 13,086円
24 2,000円 1,845円 155円 11,241円
25 2,000円 1,867円 133円 9,374円
26 2,000円 1,889円 111円 7,485円
27 2,000円 1,911円 89円 5,574円
28 2,000円 1,934円 66円 3,640円
29 2,000円 1,957円 43円 1,683円
30 1,703円 1,683円 20円 0円
累計 59,703円 50,000円 9,703円 0円

返済シュミレーションについてのまとめ
この最低返済額は三井住友銀行が残高スライド方式によって定めている「この金額は最低返済して下さい」といった金額なため、必ず返済期日にはその金額を返済しなくてはいけません。
三井住友銀行は毎月の返済としてカウントされるのは月に1回のみで、数カ月分をまとめて返済して返済期日を数カ月分繰り越しするといったことはできませんが、月に2回目以降の返済は随時返済として返済することができるのでボーナスなどお金に余裕がある場合には、積極的に随時返済をするようにしましょう。そうすれば、借入残金や支払回数も少なくなり、支払う利息も少なくなります。

 

三井住友銀行は返済時に借入残高と利息の合計金額を超える金額を返済としてカードローン口座へ入金した場合は、カードローン口座で普通預金として預かるかたちとなります。しかし、この預金は公共料金やクレジットカード代金の引落しなどには利用できず、預金に対しての利息もつきません。
カードローン口座に多く預金されたとしてもあまり利点はないのでカードローン口座はカードローンを利用するためと割り切って利用することが良いでしょう。

 

三井住友銀行の審査、借入、返済方法など

 

→目次に戻る

 

 

 

収入証明書不要

借入するには?

 

→ 詳しくはこちら

郵送物を不要

借入するには?

 

→詳しくはこちら

在籍確認なし

借入するには?

 

→詳しくはこちら

専業主婦

借入するには?

 

→詳しくはこちら