MENU

カードローンの審査に落ちる理由とその対処方法

カードローンに申し込んだ時に、自分では審査に通るものと思っていたのにまさかの審査落ちの連絡。

 

つい気が動転して、「他に借りれるところを探さないと!」と焦る気持ちもあり慌てて次のカードローンへの申し込みをしてしまいがちですが、その行動が本当に正しいんでしょうか?

 

カードローンの審査に落ちるには必ず何か理由が存在します。

 

カードローンの審査落ちになる理由について調べてみましたのでカードローンの審査でお悩みの方は読み進めてみてください。

 

目次

信用情報機関を利用して理由を考えよう

 

カードローンを申込んで審査落ちとなるのは、審査に通過するものだと思っていた方にとっては本当に予想外のことなのでかなり焦ってしまいますよね。確かに銀行のカードローンの場合には、銀行独自の判断も含まれる事も考えられるので理由がわかりにくい事もありますが、とにかく落ち着いて審査に通らなかった理由を考えてみましょう。

 

まず、申込みをしたカードローンが消費者金融の場合にあり得るのが総量規制が原因の審査落ちです。
初めてカードローンに申し込んだのだから総量規制は関係ないと思うかもしれませんが…

 

クレジットカードは所有していませんか?

 

クレジットカードを所有していて、キャッシングを利用しているとすれば、総量規制の対象になりますので場合によっては総量規制が理由である事が考えられます。
ちなみにクレジットカードのショッピング枠に関しては、割賦販売法が用いられているので総量規制の対象にはなりませんが、返済の時に金融延滞などがある場合には、当然審査で不利になります。

 

もちろん、最も最初に行うべき事は、審査落ちをしたカードローンの商品概要を確認して、本当に自分が申し込みができる資格があるのかを調べる必要があります。
銀行などの場合には専業主婦と会社員では、違うカードローンを商品として扱っているケースなどもありますので、自分の属性などにも注意が必要になります。

 

ある程度、自分で審査落ちの原因を考えても答えが全くみつからない時には、信用情報機関の情報を開示して確かめる事もひとつの考え方です。
信用情報機関に関しては、別に触れますが、簡単に説明をすると消費者金融や銀行などのカードローンの審査の時に利用される資料で、申込者の個人データと思えば間違いはありません。

 

カードローンで審査落ちをした場合には、信用情報機関のデータの中に何かしら審査に不利になる内容がある事も考えられますので、次のカードローンに申し込む前に情報機関の情報を開示をしてみる事も大切になります。

信用情報の開示方法と情報内容とは

 

カードローンの審査に落ちたときには、信用情報機関の利用を説明しましたが、ここでは、信用情報機関の情報開示の仕方と掲載されているデータを説明したいと思います。

 

国内にある信用情報機関は、クレジットカードやカードローンなどを扱う銀行や消費者金融などが加盟している「シー・アイ・シー」(CIC)をはじめ、多くの消費者金融が加盟している「日本信用情報機構」(JICC)と銀行や関連のクレジットカードを扱う機関が加盟している「全国銀行個人信用センター」の3つが存在します。

 

それぞれの企業がどこに属しているかは商品概要を確認するとわかりますが、消費者金融の場合には、CICとJICCに加盟していることが多く、銀行であれば全国銀行個人信用センターと残りのうち1つか又はすべてに加入している所が基本になっています。特に大手都市銀行の場合には、全ての機関に加盟しています。

 

どちらにしても、審査落ちをしたカードローンの商品概要を確認して、どの信用情報を利用しいてるのかを調べなければなりません。
それぞれの機関の詳細に関しては、不明な部分もありますが、基本的なデータとして記録されている主な内容は「個人の氏名」や「年齢」、「職業」などの個人情報だけでなく、「免許番号」などもしっかりと記録されています。
肝心な部分は、クレジットカードやカードローンなどの申し込みや契約内容をはじめ、利用経歴なども記録されているということです。

 

特にここで注意をしなくてはいけないのが、延滞などの金融事故です。
基本的に3か月以上返済が滞ると延滞という記録が残ってしまいます。もちろんクレジットカードの強制解約や自己破産や債務整理などを行っているのであれば、記録に残っていることになります。

 

問題があった時には、内容にもよりますが、登録機関は6か月のものもあれば、最長5年などというものあります。
信用情報機関の情報を開示する方法は、CICを例にするとインターネットか窓口であれば、即時に情報が確認できます。郵送の場合には10日程度の日数がかかることになります。
インターネットを利用した方法の場合には、CICの公式サイトで利用規約や注意事項を確認してから金融機関に届け出ている電話番号を使い受付用の番号を取得することができ、その後1時間以内に受付番号を入力することで、情報が確認できます。
そのあとは指示に従うだけになります。

 

その申込み方でも手数料が必要になりますので、事前に公式サイトで確認をしてから、自分の好きな方法で開示をすることになります。

審査に落ちた理由が不明の時の対処方法

 

カードローンの審査に落ちてしまい、信用情報機関で確認をしても自分には審査落ちの理由が全くわからなかった時には、一体どうすればよいのでしょうか?

 

ここでは、理由の推測や対処方法を説明します。

 

信用情報機関で確認をして、全く問題がないと思われる情報でありながら、カードローンの審査に落ちることがあるのかと聞かれれば、「当然あります」と答えることになります。
どんな理由にしても、カードローンの審査に落ちてしまうには何かしらの理由がある事が明白です。
しかも信用情報機関では、わからない部分が原因という事も充分に可能性があるといえます。

 

まず、ありえないと思うか方も多いとは思いますが、実際には比較的見かける致命的な理由があります。
それはインターネットから申し込んだ時の入力情報の入力ミスが原因のパターンです。

 

特に近年はインターネットからの申し込みが多くなったこともあり、便利になったことには違いはありませんが、昔のように銀行の窓口などで書類を作成しながらの申し込みの場合には、記載ミスがあればその場で受け付けの人に訂正を求められますので問題はありませんが、インターネットからの申し込みの場合には、記入ミスがあってもそのまま審査になってしまいます。
ここから先は申し込み先にもよりますが、最初の段階の審査は、入力情報に基づいてほぼ自動的に審査を済ませている場合もあります。
そうなるとイージーミスとはいえ、致命的な審査落ちの理由になる事も充分に考えられます。入力をするときに氏名や住所はもちろんですが、勤務先の電話番号などを間違えてしまったり、年収額を間違えて記入したために審査に通らないという事もあります。

 

信用情報や記入にも全く問題がないのに審査に通らなかった場合に考えられる事は、残りひとつだけとなります。
申込みをした時の年齢が比較的高くなっているのにも関わらず、信用情報機関に一切記録がないという場合です。完全現金払い主義の人に考えられる事ですが、これまでに一度もクレジットカードもカードローンも利用したことがなく、申込みもなければ、取引情報は白紙の状態です。
このような場合には、通常は審査に問題はなく通るのですが、場合によっては何か金融事故があって、5年間たった疑いがかけられているという推測しか落ちる理由が説明できません。
但し、このようなケースはとても稀なので通常であれば信用情報や入力の段階で何か問題があったと考えるのが妥当だといえます。

次回の申し込みまでに行う対策とは何か

 

カードローンの審査に落ちてしまった時には、あわてずに次回の申し込みに対しての対策をしっかりと行う事が重要になってきます。

 

信用情報を確認した人や確認をしていなくても、思い当たることがある人は少なくとも半年間は、申し込むことを避けることが賢明だといえます。
やはり記録に残るような事をしているのは審査に悪影響になると考えられますので、できるだけ申込み時期を遅らせるのもひとつの手段だと考えて下さい。

 

消費者金融の審査の場合には、比較的審査落ちの理由もわかりやすいのですが、銀行の場合には微妙な事もあるといえます。
例えば大手銀行のカードローンは審査に通らなくても、地元の地方銀行をはじめ信用金庫や信用組合などの場合には、審査が通ってしまようなボーダーラインの結果になっている場合も考えられます。
もちろん、延滞や滞納といった金融事故は問題外ですが、銀行などの場合にはそれぞれに考え方や基準などにも違いがありますので、借入限度額を低めに申し込むことで審査に通りやすくなることもあり得ます。また、申込みの時期によっても差が出てしまう事もあります。

 

クレジットカードほどあからさまではありませんが、普段の時期に申し込んだら審査落ちになったのに、キャンペーン期間中に申し込んだら審査に通ったという話もよくあります。
カードローンの場合にも確実とは言えませんが、クレジットカードと同様に特定の時期だけ審査基準を少し下げていると思われるような時期が存在します。

 

これらの方法でも難しいという状況の方は、多重債務者であれば、おまとめローンや債務整理を考える事もできますし、カードローンとは違う形になりますが、生命保険などに加入をしていて、契約者貸付制度に対応しているものであればかなり低い金利での借り入れが可能になります。
このときの借入限度額は、解約返戻金額に対して70%から90%までに設定されています。
詳しい事は、個々の生命保険会社によって異なりますので、利用を検討するのであれば、確認をする必要があります。
その他で、現時点ではカードローンがなくても、数年後に申し込みをする予定という人であれば、自分の職業や収入など多くの属性でのポイント向上のチャンスでもありますので、時間にゆとりがあるのであれば、最も確実な方法になるといえます。

 

 

 

収入証明書不要

借入するには?

 

→ 詳しくはこちら

郵送物を不要

借入するには?

 

→詳しくはこちら

在籍確認なし

借入するには?

 

→詳しくはこちら

専業主婦

借入するには?

 

→詳しくはこちら