MENU

地域によっては年間で約1,000件以上が差し押さえになっていることをご存知ですか?

 

はじめましてタメオです。

 

今回は市民税を支払いたいけどどうしても厳しい方へ税金の滞納によるリスクと対処法についてご説明させていただきます。市民税のお支払いでお悩みの方は読み進めてみてください。

 

市は納税することができるにも関わらず納税を行わない方に厳しく対応し、差し押さえとなっている件数も毎年増加している傾向にあります。しかも、現在分納中であっても役所が行った調査の結果「一括で支払うことができる」と判断されれば差し押さえの対象となってしまう場合もあるので注意が必要です。

 

市民税の支払でお悩みの方はまず役所に相談しましょう。

差し押さえになる前にカードローンを上手に活用

役所に延滞を断れた方へ

 

市民税を支払いたいけど、どうしても支払いが厳しい場合はカードローンを活用している方が多いです。数あるカードローンの中でも、申込日が土日祝日関係なく、最短1時間で借入れすることが可能なのはプロミスです。

 

市民税の滞納で督促状!どうしても払えないならコレしかない

 

プロミスなら月々の返済も1,000円からなので、滞納している税金を一括で支払うよりも伸し掛かる生活への負担を減らすことが可能です。初めての申込みならメールアドレス登録とWeb明細利用の登録を行えば初回借入れした日の翌日から30日間は利息0円で借入れすることができるので、まずカードローンで市民税を立替えて翌月から返済を行っていけば税金の支払いと滞納によるリスクを避けることができますよ。

 

市民税の滞納で督促状!どうしても払えないならコレしかない

目次

督促ハガキが自宅に!知らない間に滞納していた

市民税の滞納で督促状!どうしても払えないならコレしかない

 

僕は以前中小企業の工場で社員として10年間勤務して最近転職をしたんですが、その間税金に関しては全て会社に任せっきりだったので税金に関しての知識もなかったし興味もありませんでした。

 

ほとんどの方が税金に関して興味がない方がほとんどだと思うんですが、全く知識がないと僕のように知らない間に市民税を滞納してしまって「役所から督促状が。」という状況になってしまう可能があるんです。

 

僕の場合は転職先で給与から市民税を天引きするといった制度が無かったので全く知識がなかった僕は、給料から引かれていないことを「天引き忘れ!?ラッキー!!」くらいにしか思っていませんでした。

 

それから約2ヶ月くらいしてから市役所から督促状のハガキが届き、その時に初めて支払っていないことの重大さに気付きました。

 

一括で支払えるような金額ではなかったので直ぐに市役所に連絡をして支払いたいけど一括で支払うことができないことを伝えると、スグに分割で支払えるように対応してもらえることができました。

 

市民税の滞納で督促状!どうしても払えないならコレしかない

 

分割にしても金額はかなり高額だったのでかなり厳しかったですが、財形の貯蓄を切り崩して何とか支払終えました。現在では2ヶ月に一度くる納付期日に間に合うようにコンビニで支払いを継続しています。

 

市民税の滞納で督促状!どうしても払えないならコレしかない

 

今回の市民税滞納で督促状の他に何も処分がなかったので助かりましたが、督促状を無視して放っておくと給与や預貯金など財産が差し押さえられることもあるので注意が必要です。
→目次に戻る

督促状が届いたらとにかく役所に相談!支払方法の対応もOK

市民税の滞納で督促状!どうしても払えないならコレしかない

 

市民税滞納で自宅に督促状が届いたらまずは役所に相談しましょう。
僕の場合は電話で相談しましたが、電話では中々理解できるまで時間がかかってしまったので実際に役所に行って相談した方が丁寧に説明してもらえると思います。

 

どんな理由にしても市民税は税負担の公平性を確保するために必ず納めなくてはいけないものなのでまずは役所に相談して一括で支払うのか分割で支払うのか相談しましょう。

 

ただし下記のように特別な事情によって納付が困難だと申請により認められた場合は住民税の減額や免除が認められる場合があるようですが基本的には必ず全額支払わなければいけません。

 

■住民税の減額・免除の対象

・生活保護を受けている場合
・失業した場合
・所得が前年の6割以下に減少すると確実に見込まれる場合
・障がい者・未成年者・夫妻と死別して再婚していない場合

 

次に市民税の支払方法についてご説明します。

 

市民税の一般的な支払方法は「特別徴収」と「普通徴収」の2種類の支払方法に分けられて主な特徴は下記のようになります。

 

特別徴収 普通徴収
支払方法 毎月の給与から天引き 銀行やコンビニで支払う
特徴 1年分の住民税を12回分(1年間)に分けて6月分から翌年の5月分までの毎月の給与から天引きで支払う方法。 役所から送付される納付書で1年分の税金を一括、又は4回に分けて支払う方法。

 

僕もそうでしたが、今まで会社から天引きで納付していた特別徴収の方が、転職や辞職して普通徴収に切り替わった時に「いったいどうしたらいいの?」という状況になってしまうケースが多いようです。

 

市民税の金額は

 

 

市民税は毎年1月1日〜12月末日までの所得に対して次年度の市民税額が決定されます。その納付が次年度の6月〜更に次年度の5月の間に行われることになるので、現在支払っている税額は昨年の所得に対しての税額になります。

 

転職した場合でも転職先の会社に天引きの制度がある場合は会社で手続きを行えば問題はないですが、僕のように天引きの制度がない場合は退職した翌月からの市民税は自分で納めなければいけないことになります。

 

普通徴収の納付期限は毎年同じで下記のように決まっています。

第1期 第2期 第3期 第4期
6月末日 8月末日 10月末日 翌年1月末日

 

僕も転職して1年余りが経ってようやく市民税の支払いにも慣れてきましたが、最初は2ヶ月に1度訪れる納付期日が近づく度に「また市民税か、キツイなぁ。」と感じていました。

 

特別徴収から普通徴収に代わっても納める金額は一緒なので毎月の収入から市民税分を貯蓄して準備しておくことが大切ですね。

 

しかも、滞納してしまった場合市民税以外にも延滞税というのが発生することをご存知ですか?

 

次にこの聞きなれない延滞税について詳しくご説明いたします。
→目次に戻る

延滞税って何?市民税を滞納すると別途税金が加算される!

市民税の滞納で督促状!どうしても払えないならコレしかない

 

市民税を滞納すると市民税+延滞税というのが別途追加されます。

 

延滞税とは

 

 

市民税を滞納した場合、納付期日の翌日から滞納金を完納するまでの延滞した日数分の税金を下記のような一定の割合で算出した金額のことを言い、市民税を滞納した場合はこの延滞税をプラスした金額を支払わなければいけなくなります。

 

この延滞税を算出するための一定の割合は滞納した日数によって異なり下記のようになります。

本則の割合 特例の割合
納付期日の翌日

〜1ヶ月目の当日まで

年7.3% 特例基準割合(1.8%)

+1%

納付期日の翌日

〜1ヶ月目の翌日以降

年14.6% 特例基準割合(1.8%)

+7.3%

 

上記のように一定の割合には「本則の割合」と「特例の割合」の2種類がありますが毎年変更される可能性のある現在1.8%の特例基準割合が高くなり本則の割合を超えない限りは特例の割合の方が適用されます。

 

この延滞税を算出するための計算式は下記のようになります。

滞納金額×滞納日数×2.8%(特例の割合)÷365(1年間)

 

実際に僕が滞納していた金額で例を挙げて計算してみましょう。
僕の場合は毎月20,400円の住民税を支払っていて滞納期間は2ヶ月だったので滞納金は下記のようになります。

 

【滞納金】

20,800×2ヶ月=41,600円

 

そして延滞税の公式に当てはめて計算すると

 

【延滞税】

41,600×60日×2.8÷365=191円

 

延滞税は下記のように2つの決まりがあります。
次にその決まりに沿って更に計算していきます。

 

■算出した延滞金にたいして100円未満は切り捨てになる
延滞金→100円

 

■延滞金が1,000円未満の場合は延滞税はかからない
延滞税→0円

 

僕の場合は滞納期間が2ヶ月で延滞税が1,000円以内だったので延滞税は0円でしたが、滞納期間が数カ月、数年と長くなるにつれて延滞税は増え続けていきます。そしてそのまま市民税を滞納し続けると差し押さえといった取り返しのつかないことになってしまう可能性があるんです。なってしまって後悔する前に早めに対策することが大切です。

 

次に市民税の滞納で最悪差し押さえなるまでの流れについて説明します。
→目次に戻る

市民税を滞納し続けると差し押さえになるリスク大!

市民税の滞納で督促状!どうしても払えないならコレしかない

 

市民税の滞納を甘く考えているとかなりキケンです。

 

市民税滞納した場合1ヶ月や2ヶ月といった滞納期間が短期間であっても差し押さえになる可能性は十分に考えられるんです。

 

まずは差し押さえになるまでの最短の流れについて説明いたします。

 

■差し押さえになるまでの最短の流れ
市民税の滞納で督促状!どうしても払えないならコレしかない

 

このように滞納を放っておけば法律上では最短でも1ヶ月で差し押さえになる可能性は十分ありえるんです。

 

しかし、あくまでも1ヶ月で差し押さえが可能というのは法律上のことで実際に役所がそのような強行な手段をとるケースはほとんどありませんが、全く市民税を支払う意欲が無くあまりにも悪質な対応をとると短期間であっても差し押さえになる可能性は否めません。

 

市民税は納税負担の公平性を確保するために必ず支払わなければいけないものですが色々な理由でどうしても納付が困難な状況の方に関してはしっかりと制度があるので活用しましょう。

 

次にどうしても支払いが困難な場合に活用できる国の制度について説明いたします。
→目次に戻る

どうしても納付が困難な状況なら国の制度も利用可能

市民税の滞納で督促状!どうしても払えないならコレしかない

 

地震や津波などといった災害に合い支払いが困難になったり盗難などの事故に合い市民税の支払いが困難になった場合は、役所に相談して申請することによって「徴収猶予制度」といった一定期間の市民税に関して分納が認められたリその間の延滞税が免除されるといった制度があります。

 

対象となる期限は1年間に限られますがどうしても納付が困難な方にとっては活用するべき制度ですよね。

 

この制度を利用することで受けることができる大きなメリットを下記にまとめてみました。

 

■徴収猶予制度の大きな3つのメリット

  1. 新たな滞納処分への進行停止
  2. 差し押さえ解除の申請ができる
  3. 延滞税の免除

 

この制度は決して申請した期間の市民税が免税されるといった制度ではありませんが、どうしても納付が困難な場合には申請すればその期間市民税を滞納しても延滞税は免除されて、さらに差し押さえになる心配はなくなるので、かなり心強い制度と言えますよね。

 

市民税は決して低額なものではないので滞りなく継続して支払い続けることは簡単なことではありませんが、差し押さえといった最悪な状況になって後悔する前にできるだけ早めの対策を行うことをオススメします。

 

支払いたいけど、どうしてもお金が厳しい場合はカードローンでお金を借りて支払いをするといった方法もるということも解決策の1つです。
カードローンの中でもプロミスなら「Web申込み」から最短1時間で借入れが可能で、しかも月々の返済も1,000円からOKなので安心です。
気になる方は下記をご覧ください。↓↓↓

 

市民税の滞納で督促状!どうしても払えないならコレしかない
→目次に戻る

まとめ

最後に今回のテーマの内容についてまとめてみました。

■督促状が届いたらまずは役所に相談。
■「特別徴収」→「普通徴収」になっても支払方法が変わるだけ。
■市民税を滞納すると別途延滞税が発生する。
■延滞税が1,000円以下なら延滞に対する税金はかからない。
■法律上では最短1ヶ月で差し押さえの可能性もある。
■どうしても納付が無利なら「徴収猶予制度」を活用。

 

市民税は前年度の所得によって決められているので転職をして所得が前年の6割以下になるといったように極端に減額した場合でなければ収入が減った場合でも同額の市民税を継続して納付しなくてはいけません。

 

そのためしばらくの間は厳しいですが、来期は減額した所得を元に税額が決定されるので今よりも市民税の負担は少なくなります。
→目次に戻る

支払いが厳しいならカードローンを上手に活用

 

市民税を支払いたいけど、どうしてもお金が無くて支払うことができない場合は、対処法の一つとしてカードローンを利用するといった方法も御座います。

 

カードローンなら保証人も担保も必要ないので、両親や友人に相談することなく自分で解決することができます。

 

カードローンで失敗しないためにあなたに合ったカードローンをご提案させていただきますので、下記の中のご希望するカードローンの条件から是非読み進めてみてください。

 

 

 

収入証明書不要

借入するには?

 

→ 詳しくはこちら

郵送物を不要

借入するには?

 

→詳しくはこちら

在籍確認なし

借入するには?

 

→詳しくはこちら

パート・アルバイト

借入するには?

 

→詳しくはこちら

→目次に戻る