MENU

収入証明書不要で借りることができるカードローンはどこ?

カードローンを申込むには、申込書に必要事項を記入して提出するだけではなくて「運転免許証」などといった本人を確認するための書類や、一定額以上であれば「収入証明書」といった本人の収入を確認するための書類を提出をしなければいけません。できるなら提出書類は少ないほうが書類を準備する手間も省けて、スムーズに申込み手続きができる方がいいですよね?

 

今回は面倒な収入証明書を不要で借入するために失敗しないための良質な情報をご紹介いたします。ご自身で収入がある方と専業主婦の方とはでは内容が異なりますので下記の質問に沿ってみてください。
収入証明書不要で借りることができるカードローンはどこ?

あなたは専業主婦ですか?

収入証明書不要で借りることができるカードローンはどこ? 収入証明書不要で借りることができるカードローンはどこ?

収入証明書不要になるための条件はコレ!

 

カードローンを選ぶ時にまず申込む金融機関を消費者金融にするのか、銀行にするのかで悩みますよね?

 

専業主婦でない場合、最高300万円まで「運転免許証」や「パスポート」といった本人確認書類のみの提出で借入できる場合もあります。その際、消費者金融と銀行カードローンで条件が異なってきます。収入証明書不要で借入れするためにまず消費者金融と銀行のカードローンで収入証明書の提出が必要となる条件ついてまとめていますので確認してみてください。
まず初めに主に必要とされる収入証明書は下記になります。

 

■主な収入証明書とされる書類

・源泉徴収票
・確定申告書
・給与明細書

 

次に消費者金融と銀行カードローンの条件の違いについて見てみましょう。

 

■消費者金融

・借入れを希望額が50万円を超える場合、または複数の貸金業者からの借入合計が100万円を超える場合は収入証明書の提出が必要。※
・年収の3分の1を超える借入れをすることはできない。

※上記の金額を超える場合には貸金業法により収入証明書の提出を求めることが定められていて、それでも提出できない場合は、申込みを断られるか希望限度額の減額となってしまいます。

 

■銀行カードローン

・収入証明書の提出を求める金額が法律で決められていない。
・年収による借入れの規制がない。

 

銀行カードローンは貸金業ではないので収入証明書の提出が必要となる限度額や借入れ金額の制限は法律によって規制されていません。しかし、各銀行で収入証明書の提出が必要となる限度額が設定されています。更に、希望する限度額によって審査基準があるので「銀行ならいくらでも借りることができる」といったわけではありません。
最近では利用しやすくなった銀行カードローンですがまだまだ消費者金融カードローンと比べて審査の基準も厳しく審査に落ちてしまうケースもあるようです。

 

今回、どれぐらい借入を希望されますか?

もし50万円までの借入を希望する場合なら消費者金融も銀行もどちらも基本的には収入証明書不要で申込むことが可能ですがそれぞれメリット・デメリットがあるのでまとめていますので参考にしてみてください。

50万以内をご希望ですか?

収入証明書不要で借りることができるカードローンはどこ? 収入証明書不要で借りることができるカードローンはどこ?

50万円以内なら消費者金融カードローンがオススメ!

収入証明書不要で借りることができるカードローンはどこ?

 

借入れ希望額が50万円以内なら収入証明書不要で提出書類も「運転免許証」や「健康保険証」といった本人確認書類だけで申込むことができて、しかも初めての申込みなら「30日間無利息」といったサービスもある消費者金融カードローンが絶対におトクです。

 

だけど消費者金融と聞くとどこか不安なイメージってありますよね?

 

そんな不安なイメージの消費者金融がどういった金融機関なのかを知っていただくためにも消費者金融のメリットとデメリットについてご説明いたします。

 

■消費者金融のメリット

・初めてなら「30日間無利息」サービスがある
・パートやアルバイトでも借入れできる
・自動契約機台数が多い

 

■消費者金融のデメリット

・50万円以上の借入の場合は収入証明書不が必要
・銀行と比べて金利が高い
・借入れ総額が制限される

 

消費者金融と言えば一昔前なら「Vシネマ」などでよく見るような、、、

 


出典 http://movie.softgarage.com/

 

「恐いお兄さんが家まで取立てにくるんじゃないの?」とか「違法な金利で高額な利息を請求されるんじゃないの?」などといったどちらかといったら悪いイメージがありましたが、最近では全くそういった事実はありません。そういった取立てでの脅迫行為や生活環境に害するような行為は貸金業法で厳しく規制されているため闇金ではない限り絶対にあり得ません。大手の消費者金融であれば安心です。

 

消費者金融はテレビCMなどの広告でも「30日間無利息」といったサービスをアピールしている金融機関が多いので「無利息」といったワードをよく見かけることが多いですが、実際のところ無利息サービスってホントにおトクなのでしょうか?

 

そこで「無利息サービス」のある消費者金融の人気大手2サービスを徹底比較してみましたで参考にしてみてください。

 

無利息サービスを活用しよう!2サービスを徹底比較

 

プロミス

(消費者金融)

アコム

(消費者金融)

実質年率 4.5%〜

 17.8%

3.0%〜

 18.0%

融資スピード 最短1時間 最短即日
最低返済額 2,000円 1,000円
無利息サービス

・初回利用日の翌日から30日間
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

・契約日の翌日から30日間

自動契約機台数 約1,800台 約1,000台
詳細 収入証明書不要で借りることができるカードローンはどこ?

よくTVCMなどでも見かけるアイフルも無利息サービスはありますが、アコムと利用条件が類似しているので今回は省かせていただきました。

サービス開始日に注目!

 

同じ30日間無利息サービスでも無利息期間がカウントされる開始日が違うだけで結果支払う利息に大きく影響してしまうといった場合があります。プロミスは「初回利用日の翌日から30日間」に対してアコムは「契約日の翌日から30日間」なので契約日と初回借入日が異なった場合でも無利息期間を無駄にすることなく活用することができます。

 

また、プロミスなら三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座をお持ちの方であれば最短10秒で口座に振込んでもらえる「瞬フリ」を利用することができるので急な借入れが必要になった場合でも瞬時に借入れができるのでとても便利です。

 

しかし、実際のところ30日間の無利息期間内に全額返済すれば無利息サービスがある方が利息0円なのでおトクなのは分かりますが、無利息期間内に全額返済できなかった場合、金利が低い銀行と30日間無利息の消費者金融とどっちが支払う利息が少ないのか疑問になりますよね?
次では大手2サービスで比較してみました。

「無利息」はお得?2サービスの返済シュミレーション


人気の大手2サービスで5万円借入れして毎月10,000円を3ヶ月、5カ月で返済した場合のシュミレーションをしてみましたので参考にしてみてください。

 

■5万円を3ヶ月で返済した場合

返済回数 プロミス

金利17.8%

アコム

金利18.0%

1 10,000円 10,000円
2 10,000円 10,000円
3 31,032円 31,043円
返済総額 51,032円 51,043円
利息合計 1,032円 1,043円

 

3ヶ月で返済した場合でも無利息サービスがあるプロミスやアコムが支払う利息が少なく借入れすることができますね。
3ヶ月以内に返済で支払う利息を少しでも最小限にしたいとお考えの方であればプロミスがオススメです。

 

■5万円を5ヶ月で返済した場合

返済回数 プロミス

金利17.8%

アコム

金利18.0%

1 10,000円 10,000円
2 10,000円 10,000円
3 10,000円 10,000円
4 10,000円 10,000円
5 11,504円 11,521円
返済総額 51,504円 51,521円
利息合計 1,504円 1,521円

 

1年を超えるような長期に渡る返済やそれほど高額な借入れではなく数万円程度の借入れなら無利息サービスのある消費者金融の方が支払う利息が少なくて済みます。支払う利息を少しでも最小限に抑えたいとお考えであればプロミスがオススメです。

 

高額な借入でなければ「30日間無利息」を活用しよう!

 

3万円や5万円といったそれほど高額な借入れでなければ無利息サービスのあるカードローンが絶対におトクです。プロミスなら自動契約機も約1,800台と多く、「Web申込み」をして自動契約機でカードを直接受取れば最短1時間で借入れが可能です。しかも三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座をお持ちの方なら最短10秒で口座に振込んでもらうことができる「瞬フリ」といったサービスも利用することができるので口座をお持ちの方は契約手続き完了後スグに借入れすることができます。ピンチな時でも24時間いつでもスマホからスグに借入れすることができるので頼りになります。

 

今すぐ借入れを希望するなら↓↓↓

即日!30日間無利息サービス!ならプロミス

カードレス+時間のない

実質年率4.5%〜17.8%
借入限度額1〜500万円
審査スピード最短30分
専業主婦NG
収入証明書限度額50万円まで不要

プロミスで50万円までの借入れを希望する場合は、収入証明書は不要で本人確認書類のみの提出で申込み手続きを行うことができます。本人確認書類はお持ちであれば「運転免許証」の提出が手っ取り早いでしょう。申込み〜借入れ、返済まで全てカードレスで利用することができる「Web完結」なら対象金融機関は200行以上ありカードの発行もなく自宅への郵送物もないので安心です。

 

また、プロミスは初めての申込みの方であれば初めての借入日の翌日から「30日間無利息」といったサービスがあるので、初回借入日の翌日から30日間以内に返済すれば利息0円で借入れすることができます。
プロミスは他の無利息サービスがある金融機関が契約日の翌日から30日間無利息としている中、初めての借入日の翌日から30日間としているので契約日から借入する日まで期間が空いた場合でも無利息期間としてはカウントされないのでせっかくの無利息期間を無駄にすることがないのでとても嬉しいサービスです。

 

収入証明書不要で借りることができるカードローンはどこ?

 

50万円超なら銀行カードローンがオススメ!

収入証明書不要で借りることができるカードローンはどこ?

 

借入れ希望額が50万円超なら消費者金融の場合は収入証明書の提出が貸金業法で定められていますが、銀行カードローンなら収入証明書不要で提出書類も「運転免許証」や「健康保険証」といった本人確認書類だけで申込むことも可能です。50万円を超える借入れを希望するなら低金利の銀行カードローンが絶対におトクです。

 

まずは銀行カードローンを知っていただくためにも銀行カードローンのメリットとデメリットについてご説明いたします。

 

■銀行のメリット

・50万円以上の借入でも収入証明書不要も可能
・借入総額が法律で制限されていない
・金利が低い

 

■銀行のデメリット

・自動契約機が銀行内なので人目に付きやすい
・消費者金融よりも審査が厳しい
・審査業務を委託しているので在籍確認などの融通が利きにくい

 

銀行カードローンなら普段の生活の中でよく利用しているのでまず絶対の安心感がありますよね。また収入証明書の提出が必要となる借入額や「〇〇万円以上の借入れはできない!」といったような借入れ総額について法律で規制がされていないので金利の高い金融機関で借入れしていたけど金利の低い銀行に借換えするなど、複数のローンを一つにまとめるといった「おまとめローン」としても活用することも可能です。

 

法律で規制されていないなら銀行カードローンはいくら借入れしても収入証明書不要で借入れできるの?と疑問に感じますよね?

 

銀行は貸金業ではないので50万円以上の借入の場合でも消費者金融のように収入証明書の提出が法律で定められているわけではありませんが、一定額以上の借入れの場合は収入証明書の提出を求められる場合があります。この収入証明書の提出が必要となる限度額は各サービスで異なっているので申込む銀行を間違えてしまうと「収入証明書不要だと思っていたのに提出を求められてしまった」といったことになってしまいます。
また、最近では口座不要で借入れできる銀行も増えてきてカードローンの選択枠が大きく広がったのでいろいろな面で比較することができるようになりました。

 

選択枠が大きくなればなるほど何を選択基準として選べばいいの?と疑問に思いますよね?

 

そこで口座不要で借入れ可能な銀行カードローンの人気大手2サービスを徹底比較してみましたで参考にしてみてください。

 

銀行カードローンの人気大手2サービスを徹底比較

 

バンクイック 楽天銀行
収入証明書不要限度額 200万円まで 300万円まで
実質年率 1.8%〜

 14.6%

1.9%〜

 14.5%

融資スピード 最短40分 最短即日
最低返済額 2,000円 2,000円
ローンカード不要 × ×
郵送物 なし 有り
自動契約機台数 約700台 ×
詳細

 

収入証明書が必要となる限度額は各サービス200万円〜300万円と大きな差はありますが申込み時の希望限度額がこの金額を超えていなければ基本は収入証明書の提出を求められることはありません。
そして、バンクイックなら自動契約機があるので、「Web申込み」後に自動契約機でローンカードを受取れば最短即日で借入れすることができます。楽天銀行は自動契約機がないのでローンカードは郵送になりカード到着までには時間がかかりますがカード到着を待たなくても手続きが完了すれば振込借入れで最短即日で借入れすることができます。

 

初めての申込みで銀行内や街中にある店舗にある自動契約機内にの入ること自体が不安ですよね?
銀行内であっても事前にWeb申込みを済ませておきローンカードの受取りは銀行の窓口営業時間外にすればバレるリスクも減少することができますが、できることならそういったリスクは避けたいですよね?

 

注目して頂きたいのは毎月返済しなくてはいけない最低返済額の差です。

 

バンクイックが2,000円に対してみずほ銀行は10,000円と大きな差があり、実はこの金額の差が支払う利息に大きく影響されてしまう場合があります。
最低返済額の差がいったいどう影響されるのか疑問ですよね?
次では大手2サービスで比較してみました。

 

最低返済額のみを返済した場合の返済シュミレーション

人気の大手2サービスで1万円、3万円、5万円を借入れして毎月最低返済額を返済した場合のシュミレーションをしてみましたので参考にしてみてください。

 

■1万円を借入れした場合

回数 バンクイック 楽天銀行
1 2,000円 2,000円
2 2,000円 2,000円
3 2,000円 2,000円
4 2,000円 2,000円
5 2,000円 2,000円
6 375円 371円
支払総額 10,374円 10,371円
利息 374円 371円

 

■3万円を借入れした場合

回数 バンクイック 楽天銀行
1 2,000円 2,000円
2 2,000円 2,000円
3 2,000円 2,000円
4 2,000円 2,000円
5 2,000円 2,000円
6 2,000円 2,000円
7 2,000円 2,000円
8 2,000円 2,000円
9 2,000円 2,000円
10 2,000円 2,000円
11 2,000円 2,000円
12 2,000円 2,000円
13 2,000円 2,000円
14 2,000円 2,000円
15 2,000円 2,000円
16 2,000円 2,000円
17 1,274円 1,241円
支払総額 33,269円 33,241円
利息 3,269円 3,241円

 

■5万円を借入れした場合

回数 バンクイック 楽天銀行
1 2,000円 2,000円
2 2,000円 2,000円
3 2,000円 2,000円
4 2,000円 2,000円
5 2,000円 2,000円
6 2,000円 2,000円
7 2,000円 2,000円
8 2,000円 2,000円
9 2,000円 2,000円
10 2,000円 2,000円
11 2,000円 2,000円
12 2,000円 2,000円
13 2,000円 2,000円
14 2,000円 2,000円
15 2,000円 2,000円
16 2,000円 2,000円
17 2,000円 2,000円
18 2,000円 2,000円
19 2,000円 2,000円
20 2,000円 2,000円
21 2,000円 2,000円
22 2,000円 2,000円
23 2,000円 2,000円
24 2,000円 2,000円
25 2,000円 2,000円
26 2,000円 2,000円
27 2,000円 2,000円
28 2,000円 2,000円
29 2,000円 2,000円
30 1,703円 1,796円
支払総額 59,785円 59,703円
利息 9,785円 9,703円

 

最低返済額は少額であればあるほど毎月の返済による負担は軽減されますが、最低返済額のみの返済を続ければ上記のように完済までの期間が長くなり金利が低い銀行カードローンでも支払う利息が結果高額になってしまいます。

 

支払う利息を抑えたいなら返済期間を短くしよう!

 

銀行は消費者金融よりも金利が低いことがメリットですが、金利が低くても支払う期間が長くなれば返済にかかる利息を多く支払うことになってしまいます。バンクイックや楽天銀行のように最低返済額が少額の場合でもお金に余裕がある時には随時返済をして少しでも返済期間を短くすることをオススメします。

 

今すぐ借入れを希望するなら↓↓↓

銀行カードローンならバンクイック

実質年率1.8%〜14.6%
借入限度額500万円
審査スピード最短30分
専業主婦OK
収入証明書限度額200万円まで不要

バンクイックは契約方法に従って、それぞれの方法で審査回答を行っています。インターネットの申込みであれば、電話またはEメールによって審査結果が通知され、テレビ窓口や電話での申込みの場合は、その場で結果が行われます。また、テレビ窓口はそのままカード発行も行われるため、早く契約を終わらせたいという人にはおすすめです。

 

更に、個人の状況に合わせて3種類の契約方法が用意され、それぞれの特徴で選択できます。銀行のATMコーナーに設置されたボックス内でオペレーターと話しをしながら契約をするテレビ窓口か、パソコンやモバイルからインターネット申込みを行うか、電話によって郵送またはFAXで書類を送る方法です。最も早くカード発行をできるのがテレビ窓口ですが、申込み自体をインターネットで行うと処理がスムーズになるため、インターネットの申込み後に窓口でカードを受け取る方法がおすすめされます。

 

収入証明書不要で借りることができるカードローンはどこ?

専業主婦は銀行カードローンだけ!

 

専業主婦って月末になると家計のやり繰りで大変ですよね?

 

友達の結婚式やママ友との食事会などお金がかかるイベントって何故か重なってしまい「今月ピンチッ!」という状態になっても月末の支払いは待ってくれません。

 

でも大丈夫です!専業主婦の方でも夫の収入証明書不要で下記のような本人の確認書類のみの提出で申込むことができます。

 

■主な本人確認書類とされる書類

・運転免許証
・健康保険証
・パスポート

 

一言でカードローンといっても消費者金融カードローンと銀行カードローンどちらを選んだらいいのか迷ってしまいますよね?
最近はカードローンのサービスが多すぎていったいどのサービスが良いのか情報が多すぎて選択するのが難しいですが、専業主婦の方が借入れすることができるのは銀行カードローンだけになります。

 

専業主婦の方の場合は貸金業法の総量規制により消費者金融で借入れすることはできません。総量規制とは個人の借入総額が原則年収等の3分の1までに制限されるといった仕組みを言い、収入が無い専業主婦の方は消費者金融のような貸金業では借入れすることができません。
しかし、銀行なら貸金業ではないので総量規制対象外となり収入が無い専業主婦の方でも収入証明書の提出不要で借入れすることができるんです。

 

銀行は普段の生活の中で利用しているので安心感がありますよね。銀行カードローンは消費者金融カードローンと比べても金利が低く、カードを利用してコンビニATMで利用した場合も手数料が無料になるといった嬉しいサービスも豊富です。

 

ただし、銀行だからといって全ての銀行で専業主婦の方の申込みを受付けているわけではありません。中には三井住友銀行やオリックス銀行のように専業主婦の方の申込みを受付けていない銀行もあります。

 

次に収入証明書不要で借入れできる銀行カードローンの専業主婦に人気の大手3サービスを徹底比較してみましたので参考にしてみてください。

 

専業主婦に人気の大手3サービスを徹底比較

 

バンクイック みずほ銀行 楽天銀行
実質年率 1.8%〜

 14.6%

3.0%〜

 14.0%

1.9%〜

 14.5%

限度額(専業主婦) 500万円(30万円) 1000万円(30万円) 800万円(50万円)
収入証明書 限度額200万円まで不要 限度額100万円まで不要 限度額300万円まで不要
融資スピード 最短40分 最短即日 最短即日
最低返済額 2,000円 10,000円 2,000円
口座 不要 必要 不要
郵送物 なし 有り 有り
自動契約機 × ×
詳細

郵送物にの有無に注目!

 

夫に内緒で借入れをしたくて収入証明書不要で借入れすることができたのに申込み後に自宅へカードや確認書類が郵送されて夫にバレてしまうといった場合があります。バンクイックなら自動契約機があるので「Web申込み」後に自動契約機で直接カードや確認書類を受取れば郵送物が全くなく借入れすることができます。

 

また、収入証明書の提出求めている限度額が100万円以上の銀行がほとんどなので、もともと限度額が低く制限されている専業主婦の方の借入れの場合は、基本収入証明書の提出を求められることはありません。そのため本人確認書類のみで借入れすることが可能になります。限度額が専業主婦の方の場合は30万円〜50万円までと通常の限度額よりも低めの設定ではありますが生活費の補填としては十分な限度額ですよね。

 

銀行カードローンは消費者金融と比べて低金利なところが一つのメリットですが、実際に上記の中で最低金利年14.0%のみずほ銀行と最高金利年14.6%のバンクイックとではどれくらいの利息の差が発生するのでしょうか?
次では大手3サービスで比較してみました。

 

金利で利息の差はどれくらい?3サービスの返済シュミレーション

収入証明書不要で借りることができるカードローンはどこ?
人気の大手3サービスで5万円借入れして毎月の返済額を3サービスの中で最低返済額が一番高いみずほ銀行に合わせて毎月10,000円を1ヶ月、3ヶ月、5カ月で返済した場合のシュミレーションをしてみましたので参考にしてみてください。

 

■5万円を1ヶ月で返済した場合

返済回数 バンクイック

金利14.6%

みずほ銀行

金利14.0%

楽天銀行

金利14.5%

1 50,600円 50,575円 50,595円
返済総額 50,600円 50,575円 50,595円
利息合計 600円 575円 595円

 

■5万円を3ヶ月で返済した場合

返済回数 バンクイック

金利14.6%

みずほ銀行

金利14.0%

楽天銀行

金利14.5%

1 10,000円 10,000円 10,000円
2 10,000円 10,000円 10,000円
3 31,460円 31,398円 31,448円
返済総額 51,460円 51,398円 51,448円
利息合計 1,460円 1,398円 1,448円

 

■5万円を5ヶ月で返済した場合

返済回数 バンクイック

金利14.6%

みずほ銀行

金利14.0%

楽天銀行

金利14.5%

1 10,000円 10,000円 10,000円
2 10,000円 10,000円 10,000円
3 10,000円 10,000円 10,000円
4 10,000円 10,000円 10,000円
5 11,857円 11,777円 11,842円
返済総額 51,857円 51,777円 51,842円
利息合計 1,857円 1,777円 1,842円

 

このように大手3サービスの中で最低金利年14.0%のみずほ銀行と最高金利年14.6%のバンクイックでは5カ月で返済した場合でも80円しか差がありません。数万円の借入れの場合は少しの金利の差をカードローンを選択する基準にはしない方が良いでしょう。もし夫にバレずに借入れを希望するならバンクイックのような自動契約機で直接カードや確認書類を受取ることができる郵送物のないカードローンがオススメです。

 

数万円の借入れなら金利よりも郵送物を意識しよう!

 

高額な借入れではなく数万円の借入れなら返済が長期にならない限り気にするほどの利息の差は発生しません。普段から楽天を利用していてインターネットでショッピングをされる方ならカードローンの契約時や利用時に楽天ポイントが貰えたりするのでお得感はありますが、楽天銀行のようなネット銀行はカードなどの自宅への郵送物は避けることはできません。専業主婦の方が収入証明書不要で夫にバレずにカードローンを申込みたい方は、自宅への郵送物がないバンクイックを是非オススメいたします

 

今すぐ借入れを希望するなら↓↓↓

 

 

バンクイックなら郵送物なし!!

実質年率1.8%〜14.6%
借入限度額500万円
審査スピード最短30分
専業主婦OK
収入証明書限度額200万円まで不要

 

バンクイックなら収入証明書不要で自宅への郵送物も一切なく申込み手続きを行うことができます。提出物は本人確認書類1つだけなのでお持ちであれば「運転免許証」の提出が一番手っ取り早いでしょう。まずは「Web申込み」をして銀行内に設置している自動契約機で契約を行えば、その場でカードや確認書類を受取ることができるので自宅への郵送物なく借入れすることができるので安心です。

 

バンクイックは毎月の返済も1,000円から返済することも可能なので、無理な返済をすることなく自分のお財布状況に合わせて返済することができます。しかも、コンビニなど提携ATMでの借入れや返済も手数料0円で利用することができるので無駄な出費がなく便利で嬉しいサービスです。

 

収入証明書不要で借りることができるカードローンはどこ?

 

 

 

郵送物を不要

借入するには?

 

→詳しくはこちら

在籍確認なし

借入するには?

 

→詳しくはこちら

パート・アルバイト

借入するには?

 

→詳しくはこちら