MENU

リボ払いは危険!なかなか減らない残高への対処法

お金を借りる手段として最も手軽な方法の1つとしてカードローンがあります。ローンという言葉から、連想できると思いますがあくまでもカードローンは借金の一種であり、借りたら返さなくてはならないものです。似たような性質の借金には、キャッシングが存在しています。カードローンとキャッシングの大きな違いは、支払い方と支払いまでの期日です。

 

カードローンの方は、例えば毎月15日までに2万円支払うというルールに沿っていれば、借りた金額を気にせず使用し続けることができます。つまり、カードローンはある一定の金額を毎月の決められた日までに支払えば問題は全く起きないということです。

 

対して、キャッシングは、毎月の決められた日付で一定の割合で決められた金額を一括で支払う必要があります。その為、月によって支払額が変動するというのがキャッシングの特徴です。また、キャッシングでもカードローンでもまともな会社からお金を借りる場合には、必ず審査があります。審査なし、ブラックOKなどと謡う会社は少ないですが、未だに存在していますので急な出費が必要な状況になっても必ず金融商品はある程度調べてから契約を行うようにしましょう。金利に関して言えばカードローンよりもキャッシングの方が高めの設定になっていますが、最近では金利の低いキャッシングもありますので自分に合った金融商品を選ぶことが大切です。

 

また、金融商品が溢れそうなほどたくさん存在している中で、その借入額に対する返済の仕方も多岐にわたっています。ここでは、カードローンの借入額に対する支払方法の1つであるリボ払いをメインに言及していきます。

 

リボ払いのメリットよりもデメリットに注目!

 

一言でカードローンと言っても、実はそれが銀行系なのか消費者金融系なのかで使い勝手がかなり異なってきます。限度額に関しては、審査を通して決まるものなのでなんとも言えませんが基本的に消費者金融のカードローンの限度額は年収の3分の1までと決まっており、この規定を総量規制といいます。この消費者金融の規定は、消費者金融の歴史を調べてみると「そうなるのも仕方ないか」と納得できる部分もある為、興味のある方は調べてみてください。一言だけ言っておくと、消費者金融は銀行との差異が激しすぎた時期があり、その頃の消費者金融のイメージは相当根強く残っています。また、金利に関しては銀行系に比べて高く高額の借入には向いてない場合が多くなっていますが、短期間の小額借入では、選ぶ会社により無利子の場合もあります。

 

そして、銀行系のカードローンに関しては総量規制の対象になっていません。つまり、年収を超える借り入れも場合によっては可能ということになります。もちろん、その分審査基準は厳しくなっていきますが、高額の借入がどうしても必要な方は銀行系のカードローンを選択するとよいでしょう。金利に関しても消費者金融系のカードローンよりも低金利な為、長期の借入に向いています。
また、審査基準に関して言えば、消費者金融系よりも銀行系のカードローンの方が審査基準が厳しくなっています。

 

銀行系と消費者金融系のどちらかに分かれるカードローンですが、どちらに共通して言える注意点は、無理な借入をしないこと、返済が滞るとブラックリストに載り新たなローン契約ができなくなることなどがあげられます。ここでは、そこまで深く解説はしませんが料金の支払いには信用情報というものが必ず残り、自己破産などの債務不履行を起こすと金融事故として記録がある一定期間必ず残るということをわすれないでください。ちなみに、借入額の支払いかたにおいては、リボ払いは比較的低額な支払方法となっているケースが多いため、リボ払いを選択できる方はしばらくそれで金額を調整するという方法もあります。

 

リボ払いの支払い方式は簡単に言えば、借入額に対して定められたある一定の金額を支払うことであり、その額は比較的低額となっているため、どんな商品でも金額の調整が容易というです。つまり、リボ払いの方式で借り入れている額がどんなに高額でもある一定の金額以上の支払は必要なく、その金額を支払っている限り債務不履行の際に起こるありとあらゆるマイナスの要因が起こりにくいという特徴があります。また、どんな支払い方でも債務不履行は信用情報に傷が付きます。何らかの事情があり、支払が不可能という旨を金融機関に伝えていたとしても、それを考慮するかどうかはその金融機関による面が大きいため、支払の遅れ・滞納だけは避けてください。

 

また、リボ払いのデメリットとしては、リボ払いは借りた額に対しての割合で支払うわけではなく、リボ払いのみで借入額を支払っていると払い終わるのが長期化し、金融機関の借入額はどんどん増えていく可能性があります。つまり、最悪のケースだといつま支払い終わらないと感じている方は、年利で増えた利子のみを延々と支払っている可能性すらあるということになります。

 

リボ払いよりもカードローンで賢く返済管理

 

審査は、カードローンの契約の時にも行いますが、何かしらの商品を分割して購入する契約の際にも審査が必要になります。また、家や車などの高額な商品を一括で購入できる方は少ないと思いますが、今まですべての支払いを現金で支払ってきた方は審査基準が著しく厳しくなります。この場合の属性はスーパーホワイトと呼ばれており、今までの支払い情報が信用情報機関に残っていないという状況です。そして、このスーパーホワイトという属性は現実的には素晴らしいことなのですが、対極の過去にブラックだった人と同一視される場合があります。

 

ブラックとは、債務が滞ることで最終的に自己破産などの金融事故を起こした対象者のことであり、スーパーホワイトの方からすれば、同一視されること自体が理解できないぐらいでしょう。しかし、金融事故を起こした場合には、時効が設定されており、金融事故から数年以上の時が経つと債務や支払い情報が全くないまっさらな状態にもどれるという規定があります。その為、信用情報機関ではスーパーホワイトの属性の人と過去にブラックだった人を同一視する傾向にあります。そして、信用情報は公共料金の支払いや携帯電話の分割購入などでも積み上げることができるので、スーパーホワイトの属性を持つ方はお金の支払い方を変えてみるとよいでしょう。

 

そして、勘違いされやすいのですが、通りやすいとか落ちにくいなどと言われているカードでも審査の項目は全く同じであり、適当な数値では絶対に審査に通ることはありません。つまり、カードローンの審査は、審査項目は何処から申し込んでも同一ですが、申し込む審査の基準の難易度は変化するということです。借入希望額やその人の信用情報などによっても審査の基準は異なってくるので信用情報は借入の審査においてはかなり重要です。
また、審査時において最初からリボ払いありの契約を行おうとすると、審査に有利だといわれています。デメリットでもあるのですが、低額の返済を永遠と続けることは金融会社にとっては利益となりやすい面があるためです。言いかえれば、金融機関は長期的な契約を結んでくれる利用者は大歓迎ですし、長期的に支払い続けるということは金融金貨に支払う金額も元の借入金額に比べ、膨れあがっているケースが多いため、最終的な利益が多い為です。もちろん、カードローンの性質をもつ金融商品では、残りの返済額に対してある一定の返済額を支払うということに加え、その一定の額以上ならいくらでも返済可能となっています。その為、支払いが長期化している方は一旦、自分の借入額の支払い方法と借入額の残高を整理し、余裕がある場合は少しでも多く返済していくことで長期化している支払いを少しでも短くすることが可能となります。

 

金融商品は使い方さえ間違えなければ、自分の生活を助けてくれる便利なものです。しかし、使い方を間違えれば、支払いに追われ自分の生活がままならなくなります。その為、自分のライフスタイルにあった使い方と商品を選んでいきましょう。

 

 

 

収入証明書不要

借入するには?

 

→ 詳しくはこちら

郵送物を不要

借入するには?

 

→詳しくはこちら

在籍確認なし

借入するには?

 

→詳しくはこちら

パート・アルバイト

借入するには?

 

→詳しくはこちら