MENU

引っ越し費用の相場は?業者選びのポイントと合わせて徹底解説

二月から四月は特に引っ越しの多いシーズンです。
転勤や入学など、この時期に新しい生活への第一歩を踏み出す人は多いはずです。
そんな新生活への第一歩に欠かせないのが引っ越しです。
転勤や入学によって新居へ引っ越さなければならないという人にとって、引っ越しにいくらくらいの費用がかかるのか?そしてどんな業者を選べばいいのか?はとても気になるポイントです。
気になる部分を簡単に見ていきましょう。

 

気になる事情!引っ越し費用の相場は〇万円?

引っ越しの費用相場は単身なのか家族連れなのか、遠距離なのか近距離なのかによっても変わります。
荷物の量によっても変わってくるため「絶対にこの金額」と言い切ることはできないです。
また、季節によっても費用が上下することはあまり知られていないようです。
ただし、ある程度の相場は存在していて、相場費用と比較してどうなのか?と検討すること自体は可能です。
不動産と住宅の大手サイトSUUMO(https://hikkoshi.suumo.jp/soba/)によると、引っ越し費用の相場は単身世帯で約4万2千円から5万5千円です。
家族のいる世帯では、費用がぐんと上がります。
夫婦世帯二人の世帯では約7万円です。
家族が三人、四人、五人と増えていくごとに当然ですが荷物量も増えますから、費用も上がっていきます。
家族が五人以上だと約20万円が引っ越し費用の全国平均相場であるようです。
ただ、これはあくまで平時の費用相場です。
実は引っ越し費用は月によってがらりと変わってくるのです。
繁忙期には引っ越しの相場が値上がりすることはあまり知られていないようです。
繁忙期とは全国的に引っ越しが多い二月から四月のことです。
この時期は単身世帯で大体7千円から1万4千円くらい、家族のいる世帯で大体1万円から3万円ほど費用がかさむ傾向にあります。
それぞれの世帯の費用相場に加算すれば繁忙期の費用相場になります。
二月から四月の引っ越し費用の相場は、単身の場合は4万9千円から6万9千円くらいで、家族のいる世帯は8万円から家族数に応じて相場が上昇と考えるのがよさそうです。

引っ越し費用の削減を考えるなら、なるべく引っ越しの多いシーズンではなく五月から一月を狙うのがベストということです。

 

一番いいのは見積もりを取得すること!

全国的な費用相場はあくまで目安です。
なぜなら、地方によって引っ越しのしやすさも変わって来るからです。
また、どこからどこに引っ越すかによっても費用は大きく変わってきます。
同じ量の荷物を抱えた夫婦が首都圏内で引っ越しをする場合と北海道から沖縄へ引っ越しをする場合では、やはり後者の方が費用総額面が大きくなる傾向にあります。
なぜかというと、それは引っ越し業者の料金体系が関係してくるからです。
引っ越し業者の料金体系は全国どこへ引っ越す手伝いをしても一律というわけではないです。
それだと、家族の多い人の引っ越しや遠方への引っ越しを手伝えば業者は大損害ということになります。
業者が荷物を運ぶため使うのは基本的にトラックですから、業者側ではガソリン費も考えなければいけないです。
また、ご家庭によっては荷物の梱包は自分たちでする場合もありますし、業者に丸ごと任せてしまいたいという場合もあります。
荷物の梱包をするためには人件費もかかりますし、梱包に使う道具の費用もかかります。
だからこそ業者は、人件費や段ボール、緩衝材などの実費と国土交通省で定める基本運賃を足して基本的な料金を出すという料金体系をとっています。
ハウスクリーニングなどのオプションを利用すれば、基本的な引っ越し料金にさらにオプション料金が加算されるという仕組みです。
荷物の量や引っ越し先までの距離はご家庭によって違います。
オプションを活用するかどうかも違います。
自分の引っ越しにはどのくらいの費用がかかりそうか知るために確実な方法は、やはり引っ越し業者に見積もりをしてもらうことです。

 

業者選びのポイントは?情報の共有は大丈夫?

引っ越しを業者にお願いするとなると、相応の費用を覚悟しなければいけないです。
しかし、なるべくなら安く済ませたいと多くの方が思うはずです。
引っ越し費用の見積もりも業者によって価格差がありますから「じゃあ安いところにお願いしよう」と考えてしまいがちです。
しかし、価格だけで業者を選ぶのはとっても危険なことなのです。
業者選びで大切なのは「後にトラブルにならないかどうか」です。
ある業者に見積もりを三日後までにお願いしたら、五日後に見積もりを持って来たとします。
期限に遅れても特に謝罪はなく、事前に遅れる旨の連絡もありませんでした。
また、ある業者に引っ越しを依頼しようか検討していたら「Aというオプションを無料でつけますから!」と勧誘されて決めたのに、契約書には無料オプションの記載はありませんでした。
連絡がきちんとなく、期限を守らないという業者は危険です。
また、契約書に「無料にしますよ」といっていた項目の記載がない業者とは、支払いトラブルになる可能性があります。
業者選びは料金の安さだけではなく、「後でトラブルにならないか」という視点で選ぶことも重要です。
安いかどうかだけで業者を選ぶと、トラブルになって解決のために無駄な費用の出費をしなければならない可能性もあります。
ポイントをおさえて、賢くお引っ越しをしたいですね。