MENU

会社バレしたくない!在籍確認なしで借入できますか?

「自分への評価に影響されないかなぁ・・・」
「同僚にバレて噂とかされたらどうしよう・・・」

 

カードローンを申込みたいけど会社への在籍確認って不安に感じてしまうものですよね。

 

結論から言うと、在籍確認は「必ずない!」と言い切れるカードローンはありません。
「誰でも在籍確認は不要。」などと宣伝しているカードローンはまず怪しいと思った方がよいでしょう。

 

カードローンの在籍確認は申込者が本当に申込書に記入した会社に勤めているかどうかえを確認するためのものです。
「在籍確認はどのように行われるのか」
「どんなことを聞かれるのか」

 

在籍確認に対しての不安をスッキリしていただくために在籍確認に対しての良質な情報をご紹介いたします。
ご自身で収入がある方と専業主婦の方とはでは内容が異なりますので下記の質問に沿ってみてください。

 

会社バレしたくない!在籍確認なしで借入できますか?

専業主婦ですか?

会社バレしたくない!在籍確認なしで借入できますか? 会社バレしたくない!在籍確認なしで借入できますか?

 

Web申込完了!スグに相談すれば会社連絡なしも可能!

 

普通にカードローンを申込むだけだったら基本的には電話での確認になりますが金融機関のオペレーターに相談すれば電話確認以外の方法でも在籍確認が可能なケースもあるんです。

 

カードローンの在籍確認は申込者に安定した収入があって返済能力があるのかを確認するためのものなので、カードローンを利用するためには在籍確認はどのような申込み方法でも基本的には必ずあるものだと考えておいた方がよいでしょう。
ただし、その在籍確認の方法はオペレーターに相談するかどうかで大きく影響されます。

 

どこのカードローンであっても、会社への電話連絡での在籍確認をなしで希望するための基本的な方法は下記のようになります。

 

まずWeb申込み→スグにオペレーターに相談

 

会社への電話連絡での在籍確認をなしにするためには直接オペレーターに相談するしか方法はありません。
しかも、相談したからといって必ず会社への電話連絡がなくなるわけではなくて実際には電話での在籍確認だけしか受付けていない金融機関のところの方が多いのが事実です。

 

とくに銀行は審査や保証業務を他の保証会社に委託しているので、審査に関わる在籍確認に関しては対応してもらえないケースが多いです。
その点消費者金融の場合は基本的に審査や保証業務を他の保証会社に委託しないで自社で行っているため柔軟に対応してもらえるケースが多いです。

 

次に実際に大手10社に在籍確認で会社連絡なしで借入することが可能かどうか確認してみましたのでご是非参考にしてみてください。

 

大手10社に会社連絡なしで借入可否か確認してみました。

サービス名 会社連絡なしの可否 オペレーターの返答
プロミス 可能かどうかは申込後の審査で決まる。
バンクイック × 一度会社へ電話確認をして「個人情報の問題」などの理由で確認がとれなければ書類での提出も可能
みずほ銀行 × 審査業務を委託している「オリエントコーポレーション」の判断により決定される。在籍確認なしのケースも有り。
三井住友銀行 給与明細を確認書類として提出してもらい書類審査で可能なのかを判断することになり、書類審査不可なら電話での確認になります。
新生銀行カードローンレイク Web申込み後、又は審査回答後に連絡すれば申込書に記入した情報で判断することになります。
オリックス銀行 × 在籍確認は電話確認が必須になります。
楽天銀行スーパーカードローン 書類確認も可能ですが申込みをして審査の結果での判断になり希望することはできない。
イオン銀行カードローンBIG × 在籍確認は電話確認が必須になります。
モビット Web申込み後のモビットからの確認連絡で会社名の書いている所定の書類のうち1つを提出すれば可能です。
アコム 申込みの審査の結果により「運転免許証+社会保険証」もしくは「運転免許証+給与明細書」を提出すれば書類確認でも可能。

 

実際に電話で各サービス確認してみると各サービスによって対応が様々なことがわかりました。下記に会社連絡なしがOKなサービスとNGなサービスをまとめてみました。

 

■会社連絡なしが可能

・プロミス
・三井住友銀行
・新生銀行カードローンレイク
・モビット
・アコム

 

 

上記の5社で共通して言えるのは在籍確認が電話確認以外で可能なのかどうかは申込み時点で約束してもらえる金融機関は1社もありませんでした。申込みの書類情報を確認しないと在籍確認が書類で可能かどうかの回答をすることはできないようです。
まずはWeb申込みをした後スグにオペレーターにに相談してみましょう。

 

 

■会社連絡あり

・バンクイック
・みずほ銀行
・オリックス銀行
・楽天銀行スーパーカードローン
・イオン銀行カードローンBIG

 

 

上記5社に共通しているのは全て銀行カードローンであることです。
消費者金融の方が審査に対しての要望に柔軟な対応してもらうことが可能なようで、今回実際に電話で確認してみて、銀行は消費者金融よりも在籍確認のような信用情報に関する審査には厳しいような印象を受けました。

 

 

このように在籍確認で会社の電話連絡を100%避けることはできませんが、この在籍確認の電話は決して金融機関の会社名でかかって来ることはありません。

 

消費者金融の場合はカードローンなど個人の借入れに関する事実を第3者に知らせる行為は貸金業法で禁じられているのでプロミスやアコムといった消費者金融の場合は在籍確認で金融機関の会社名で電話連絡がかかってくることは絶対にありません。
電話連絡は担当者個人名での確認となり、本人が不在の場合でも在籍の確認が取れればOKなので会社に電話がかかってきただけでは会社にバレるといった心配はほとんどありません。

 

銀行は貸金業法の対象とはならないですが、こういったプライバシーに関する配慮はほぼ全ての金融機関で行っているので、消費者金融と同様に在籍確認の電話連絡でバレる心配はほとんどありません。

 

今回どのくらいの借入れを希望ですか?

借入れする金額によって銀行と消費者金融では申込みに必要となる提出書類等が異なってきます。それぞれのメリット・デメリットをまとめているので参考にしてみてください。

50万以内をご希望ですか?

会社バレしたくない!在籍確認なしで借入できますか? 会社バレしたくない!在籍確認なしで借入できますか?

50万円以内なら消費者金融!無利息で安心

会社バレしたくない!在籍確認なしで借入できますか?
50万円以内の借入れなら、在籍確認などの審査への要望に柔軟に対応してくれる消費者金融で「運転免許証」や「パスポート」といった本人確認書類を提出するだけで申込むことができます。

 

とはいっても消費者金融って名前を聞くと少し不安に感じてしまいませんか?

 

消費者金融を知っていただくためにもメリットとデメリットについてご説明いたします。

 

■消費者金融のメリット

・「30日間無利息」サービスがある
・土日祝日でも審査可能
・自動契約機の台数が多い

 

■消費者金融のデメリット

・銀行に比べると金利が高い
・借入総額が年収の3分の1までと制限される
・借入金額50万円超の場合は収入証明書が必要

 

消費者金融は一昔前まではイメージがあまり良くなく「違法な高金利で利息を求められる」「少しでも返済が遅れると激しい取立てがある」などといったイメージ多かったかもしれませんが、現在ではそのような家庭環境を脅かすような取立てや、違法な金利は貸金業法で厳しく規制されているので大手の金融機関なら安心して借入れすることができます。

 

初めての申込みなら消費者金融は「30日間無利息」といったサービスを提供している金融機関も多く土日祝日でも審査業務を行っているので急なお金の要り様でも対応してもらえるので安心です

 

でも実際に「30日間無利息」がどれくらい利息に影響するのか気になりますよね?

 

次に電話連絡以外の在籍確認が可能な「無利息サービス」のある消費者金融と無利息サービスのない消費者金融の人気大手3サービスを徹底比較してみましたので参考にしてみてください。

 

初めてなら無利息!3サービスを徹底比較

 

プロミス アコム モビット
実質年率 4.5%〜

 17.8%

3.0%〜

 18.0%

3.0%〜

 18.0%

融資スピード 最短1時間 最短即日 最短即日
最低返済額 2,000円 1,000円 4,000円
無利息サービス

・初回利用日の翌日から30日間
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

・契約日の翌日から30日間

×
自動契約機台数 約1,800台 約1,000台 約400台
詳細 会社バレしたくない!在籍確認なしで借入できますか?

消費者金融のアイフルも無利息サービスはありますが、アコムと内容が似ているので今回は省かせていただきました。

 

無利息サービスの開始日がポイント!

 

 

おんなじ「30日間無利息」サービスでもプロミスとアコムではサービス期間がカウントされる開始日が違っています。プロミスなら契約日から実際に借入れするまでに期間が空いてしまった場合でも無利息期間をしっかり活用できるので嬉しいですね。

 

 

またプロミスはわざわざ自動契約機に行ってローンカードを発行しなくてもカードレスで借入れすることも可能なので、奥さんにたまたま財布の中を見られて借入れがバレるといったこともないので内緒で借入れしたい方にもオススメです。
ただし、ローンカードがないので口座振込での利用になるので通帳の記帳は残ってしまいます。記帳を避けたい場合はローンカードの発行をしましょう。

 

しかし実際のところ無利息サービスのあるカードローンとないカードローンとではどれくらい利息に影響するのか気になりますよね?

 

次に比較した大手3サービスの中でも無利息サービスのある「プロミス」と「アコム」、そして今回は金利が低いことが特徴でもある銀行カードローンの中でも、トップクラスの低金利である「みずほ銀行カードローン」を例にあげて大手3サービスで比較してみました。

「無利息」はホントにお得?3サービスの返済シュミレーション

人気大手3サービスで3万円、5万円、10万円を借入れして毎月1万円ずつ返済した場合の返済シュミレーションをしてみましたので参考にしてみてください。

 

■3万円借入れした場合

返済回数 プロミス

金利17.8%

アコム

金利18.0%

モビット

金利18.0%

1 10,000円 10,000円 10,000円
2 10,000円 10,000円 10,000円
3 10,000円 10,000円 10,000円
4 448円 453円 916円
返済総額 30,448円 30,453円 30,916円
利息合計 448円 453円 916円

 

■5万円借入れした場合

返済回数 プロミス

金利17.8%

アコム

金利18.0%

モビット

金利18.0%

1 10,000円 10,000円 10,000円
2 10,000円 10,000円 10,000円
3 10,000円 10,000円 10,000円
4 10,000円 10,000円 10,000円
5 10,000円 10,000円 10,000円
6 1,526円 1,543円 2,339円
返済総額 51,526円 51,543円 52,339円
利息合計 1,526円 1,543円 2,339円

 

■10万円借入れした場合

返済回数 プロミス

金利17.8%

アコム

金利18.0%

モビット

金利18.0%

1 10,000円 10,000円 10,000円
2 10,000円 10,000円 10,000円
3 10,000円 10,000円 10,000円
4 10,000円 10,000円 10,000円
5 10,000円 10,000円 10,000円
6 10,000円 10,000円 10,000円
7 10,000円 10,000円 10,000円
8 10,000円 10,000円 10,000円
9 10,000円 10,000円 10,000円
10 10,000円 10,000円 10,000円
11 7,215円 7,306円 9,018円
返済総額 107,215円 107,306円 109,018円
利息合計 7,215円 7,306円 9,018円

 

「無利息」活用で利息を削減!

 

 

おんなじ消費者金融なら無利息サービスを活用したほうが間違いなく支払う利息は少なくて済みます。無駄な出費を減らすためにも利息はなるべく少ない方がいいですよね?
プロミスなら土日祝日でも最短1時間で借入れも可能なので急なピンチでもすぐに対応することができるので助かります。

 

 

今すぐ借入れを希望するなら↓↓↓

最短1時間で借入もOK!在籍確認の対応も柔軟なのはプロミス

カードレス+時間のない

実質年率4.5%〜17.8%
借入限度額1〜500万円
審査スピード最短30分
専業主婦NG
収入証明書限度額50万円まで不要

プロミスは会社での在籍期間や申込み記入欄で不審なところはないかなどといったことも審査に大きく影響されるので全てのケースで相談すれば必ず会社へ電話での在籍確認を避けることができるのかと言えばそうではないですが、電話での在籍確認を避けたい場合は申込みをしたあと必ずスグにオペレーターに相談しましょう。
スムーズに申込み手続きを行うためにはまず「Web申込み」を行いスグに電話でオペレーターに「会社への連絡は困る」「書類での在籍確認をお願いしたい」という趣旨をしっかりオペレーターに伝えればあとは申込み書に記入した情報から可能かどうか判断されることになります。

 

在籍確認が終了すればあとは審査が行われている間に自動契約機に向かい契約後に直接カードを受取ればすぐにATMで利用することが可能です。三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座をお持ちの方なら「瞬フリ」といってインターネットから最短10秒で口座に振込んでもらうことも可能なので急なお金の要りようでピンチな場合でも安心して借入れすることができます。

 

会社バレしたくない!在籍確認なしで借入できますか?

50万円超なら銀行!安心の低金利

会社バレしたくない!在籍確認なしで借入できますか?
50万円を超える借入れでも銀行なら「運転免許証」や「健康保険証」といった本人確認書類1つだけで申込むことができます!

 

普段から利用している銀行なので信頼感はありますが、ローンするとなるとどうしても不安になってしまいますよね?

 

銀行カードローンを知っていただくためにもメリットとデメリットについて説明いたします。
■銀行のメリット

・金利が低い
・提出書類が少なくて済む
・借入総額に対して規制がない

 

■銀行のデメリット

・申込み時に人目に付きやすい
・審査への柔軟さがない
・無利息などサービスが少ない

 

銀行はプロミスなどといった消費者金融とは違って貸金業ではないので、50万円超えの借入れや貸金業での借入総額が100万円を超える場合は「給料明細」や「源泉徴収票」といった収入証明書を提出しなければいけないといった規制がないので面倒な提出物が少なく済むので助かります。
銀行は消費者金融と比べても金利が低く、借入総額が年収の3分の1までに制限するといった貸金業法で定められた総量規制の対象外となるのでおまとめローンなどにも向いています。
もちろん法律の規制がないからといっていくらでも借りる事ができるわけではなく、申込者の収入や勤務年数など信用情報によって審査の中で限度額が決められるので「審査には通ったけど思っていたよりも限度額が少なかった。」といった状態にならないように注意が必要です。

 

しかし銀行は審査業務や保証業務を消費者金融に委託しているところがほとんどなので在籍確認を電話ではなく書類で行ってほしいといったような審査に関する要望はほとんど対応してもらえない銀行の方が多いようです。

 

そこで会社連絡なしで在籍確認のできる可能性がある銀行カードローンの人気大手2社を徹底比較してみましたので参考にしてみてください。

 

書類で在籍確認も可能!人気大手2サービスを徹底比較

 

三井住友銀行 レイク
実質年率 4.0%〜

 14.5%

4.5%〜

 18.0%

限度額 最高800万円 1〜最高500万円
収入証明書不要 50万円を超える申込の場合は所得証明が必要 100万円まで
審査回答 - 最短即日
融資スピード - 最短即日
最低返済額 2,000円 3,000円
無利息サービス ×

・契約日の翌日から30日間無利息
・5万円まで180日間無利息

自動契約機台数 約1,800台 約760台
詳細

 

三井住友銀行はプロミスの店舗内にも自動契約機を設置しているので全国に約1,800台とずば抜けて自動契約機台数が多いので急なお金の要り様でピンチな時でも「Web申込み」をして近くの自動契約機を検索すれば最短1時間で借入れすることができます。
お近くの自動契約機はこちらから検索できます。

 

レイクは銀行カードローンの中でも珍しく無利息サービスがあるけれど金利が消費者金融並みの高金利設定になっています。無利息サービスが活用できるのは初回だけなので、次回の利用を考えるなら金利が低い三井住友銀行の方が安心ですよね。
しかし実際のところ無利息サービスがあることによってにどれくらい影響するのか気になりますよね?

 

次では大手2サービスでシュミレーションをして比較してみました。

無利息は初回だけ!2サービスの返済シュミレーション

人気大手2サービスで50万円を借入れして毎月3万円ずつ返済した場合の返済シュミレーションをしてみましたので参考にしてみてください。

 

■50万円を借入れした場合

返済回数 三井住友銀行

金利14.5%

レイク

金利18.0%

1 30,000円 30,000円
2 30,000円 30,000円
3 30,000円 30,000円
4 30,000円 30,000円
5 30,000円 30,000円
6 30,000円 30,000円
7 30,000円 30,000円
8 30,000円 30,000円
9 30,000円 30,000円
10 30,000円 30,000円
11 30,000円 30,000円
12 30,000円 30,000円
13 30,000円 30,000円
14 30,000円 30,000円
15 30,000円 30,000円
16 30,000円 30,000円
17 30,000円 30,000円
18 30,000円 30,000円
19 20,743円 28,630円
返済総額 560,743円 568,630円
利息合計 60,743円 68,630円

 

高額な借入れなら低金利がオススメ!

 

 

50万円超のような高額な借入れで長期による返済を希望なら「無利息サービス」よりも「低金利」を比較の対象とした方が、返済を終えた結果支払う利息が少なくて済みます。
三井住友銀行は銀行ならではの金利で自動契約機台数も多いので急なピンチでもすぐに対処できるので心強いです。

 

 

今すぐ借入れを希望するなら↓↓↓

審査回答がスピ―ディー!三井住友銀行なら在籍確認の相談も可

■三井住友銀行カードローン

実質年率4.0%〜14.5%
借入限度額最高800万円
審査スピード-
専業主婦NG
収入証明書50万円超の申込は収入証明が必要です

 

三井住友銀行の在籍確認は他のサービスと同じように「在籍確認を会社への電話連絡以外にして欲しい」と希望をしても必ずその希望が通るわけではありません。申込み時に提出する書類と給与明細を別途確認書類として提出して審査を行い可能かどうか判断されることになります。
まずはスムーズに申込みを行うためにもWeb申込みをしてからスグにオペレーターに相談しましょう。

 

会社バレしたくない!在籍確認なしで借入できますか?

在籍確認なし!夫にバレずに即日借入れも可能!

 

専業主婦の方は家事や育児など毎日休みがなくて、家計のやり繰りもしなくてはいけないのでほんとに大変ですよね。

 

そんな大忙しの日常の中で冠婚葬祭が重なったり、家族のイベントがあったりと「今月はどうしてもピンチだ」って時ありますよね。

 

夫に内緒でカードローンしたいけど在籍確認で夫の会社に連絡されてバレたら困るから…、と諦めていませんか?

 

専業主婦の方の場合は申込みの際に夫の年収や勤務先についての申告は必要ですが特別な理由がない限りは夫の勤務先へ確認の連絡が入ることはありません。
夫に安定した収入がある方なら夫の会社に在籍確認の電話連絡なしで借入れすることができるんです。

 

そして、いざカードローンを申込もうと思ってはみても、最近はカードローンが有触れているので「いったい何がちがうの?」と疑問を感じてしまいませんか?

 

カードローンには大きく分けて「消費者金融カードローン」と「銀行カードローン」の2種類に分けられますが、専業主婦の方の場合は銀行カードローンしか利用することができません。

 

専業主婦の方は貸金業法の総量規制により消費者金融で借入れすることはできないと法律で決められているからです。
総量規制とは個人の借入総額が原則年収等の3分の1までに制限されるといった仕組みを言い、収入が無い専業主婦の方は消費者金融のような貸金業では借入れすることができません。
しかし、銀行なら貸金業ではないので総量規制対象外となり収入が無い専業主婦の方でも下記のような本人確認書類1つだけで借入れすることができるんです。

 

■主な本人確認書類とされる書類

・運転免許証
・健康保険証
・パスポート

 

銀行は普段の生活の中で利用しているので安心感がありますよね。銀行カードローンは消費者金融カードローンと比べても金利が低く、銀行によってはコンビニなどの提携ATMでカードを利用した場合でも手数料が無料になるといった嬉しいサービスも豊富です。

 

専業主婦の方でも基本的には夫の会社に在籍確認をされることはないですが、審査の状況によっては夫の会社に在籍確認の連絡をされてしまうといったケースもあります。次にそんな特別なケースについてご説明いたします。

 

夫の会社に在籍確認があるケースについて

専業主婦の方の場合は職場に勤務していないので基本的には在籍確認はありません。
しかし、下記のような場合は夫の会社に在籍確認の電話連絡がされてしまう場合があります。

 

■夫の会社に在籍確認がある多くの理由

・夫の年収を実際より多く申告
・本人や夫が過去に借金の返済で不備があった
・本人や夫が過去に債務整理している

 

このように過去にローンやクレジットなどで返済に不備があったり、債務整理を行っている場合は1年から最長で10年の間は信用事故情報として信用情報機関に登録されてしまうので、夫の会社に在籍確認の電話連絡、または申込みができないといった状況になってしまいます。

 

しかし、そのような理由ではなければ申込みの時点で不信感を抱くような申告内容がなければれば基本的には夫の会社への在席確認なく借入れすることができます。
ウソの申告をしても審査の段階で信用情報機関を通して個人信用情報をチェックされるので必ずバレてしまいます。
審査の段階で申込みで記入する必要事項は必ずウソの申告はせずに正直に申告を行いましょう。

 

次に専業主婦に人気な大手2社を比較してみましたので参考にしてみてください。

 

専業主婦に人気な大手2社を徹底比較

 

バンクイック みずほ銀行
実質年率 1.8%〜

 14.6%

3.5%〜

 14.0%※コンフォートプラン

限度額(専業主婦) 30万円 30万円
審査回答 最短30分 最短即日
最低返済額 月2,000円 月10,000円
郵送物
融資スピード 最短40分 最短即日
自動契約機
提出書類不要の条件 ・口座有

・限度額100万円以内

・口座有

・限度額200万円以内

詳細

 

夫にバレないためには郵送物も必ずチェック!

 

 

夫にバレないためには郵送物も必ずチェック!
夫にバレずに借入れするためにはもちろん夫の会社への在籍確認がないことも大切ですが、自宅への郵送物も注意しなくてはいけません。会社への在籍確認なしで借入れできてもカードや確認書類などが自宅へ郵送されてその封筒を見られてしまったら怪しまれてしまい結果バレてしまうといった結果のもなり兼ねませんよね。

 

 

夫にバレないために自宅への郵送物を避けるには自動契約機のあるカードローンを選びましょう。
自動契約機で直接カードや確認書類を受取ることができれば「在籍確認なし」「郵送物なし」で夫にバレずに借入れすることが可能になります。

 

そして絶対に見過ごしてはいけないのが毎月の最低返済額です。
毎月の返済は少額であればあるほど返済期間が長くなってしまうので支払う利息は多くなってしまいますが毎月の返済への負担は少なくなりますよね。逆に毎月の返済が高額であればあるほど返済期間は短くなりますが利息は少なくてすみます。
カードローンは毎月決められた期日に返済する約定返済とは別に、お金に余裕がある時などにいつでも多めに返済することができる随時返済があります。
そのため毎月の返済は家計状況によって自分で調整することが可能なので、毎月必ず返済しなければいけない最低返済額は少ない方が安心ですよね。

 

そして、カードローンを申込む際にやっぱり気になるのが金利ですよね?

 

金利の差によってどれくらいの支払い差があるのか大手2サービスでシュミレーションしてみましたので参考にしてみてください。

 

金利の影響は?専業主婦に人気の2サービス返済シュミレーション

 

専業主婦に人気の大手2サービスで3万円、5万円、10万円を借入れして、最低返済額が高いみずほ銀行に合わせ毎月10,000円ずつ返済した場合の返済シュミレーションをしてみましたので参考にしてみてください。

 

■3万円借入れした場合

返済回数 バンクイック

金利14.6%

みずほ銀行

金利14.0%

1 10,000円 10,000円
2 10,000円 10,000円
3 10,000円 10,000円
4 739円 708円
返済総額 30,739円 30,708円
利息合計 739円 708円

 

■5万円借入れした場合

返済回数 バンクイック

金利14.6%

みずほ銀行

金利14.0%

1 10,000円 10,000円
2 10,000円 10,000円
3 10,000円 10,000円
4 10,000円 10,000円
5 10,000円 10,000円
6 1,879円 1,797円
返済総額 51,879円 51,797円
利息合計 1,879円 1,797円

 

■10万円借入れした場合

返済回数 バンクイック

金利14.6%

みずほ銀行

金利14.0%

1 10,000円 10,000円
2 10,000円 10,000円
3 10,000円 10,000円
4 10,000円 10,000円
5 10,000円 10,000円
6 10,000円 10,000円
7 10,000円 10,000円
8 10,000円 10,000円
9 10,000円 10,000円
10 10,000円 10,000円
11 7,173円 6,851円
返済総額 107,173円 106,851円
利息合計 7,173円 6,851円

 

金利の差は最重要ではない!

 

 

ローンと聞くとどうしても利息が発生するので金利が気になると思いますが、今回のシュミレーションをご覧頂ければお分かりいただけるように、金利が低い年14.0%のみずほ銀行と、金利が高い年14.6%のバンクイックと比較すると10万円を借入れした場合でもたった322円しか利息の差がありません。
もちろん少しでも利息が少ない方が良いので金利ももちろん大切です。でも、それよりももっと重要なのはカードローンの申込みや利用が夫にバレない事なので、自動契約機で直接カードや確認書類を受取ることができて郵送物不要で利用できるバンクイックがオススメです。

 

 

今すぐ借入れを希望するなら↓↓↓

郵送物なし!返済は毎月2,000円から!バンクイックなら無理なく返済OK

実質年率1.8%〜14.6%
借入限度額500万円
審査スピード最短30分
専業主婦OK(30万円)
収入証明書限度額200万円まで不要

 

バンクイックなら在籍確認なしで毎月の返済も2,000円からなので無理なく返済することができます。

 

しかも三菱東京UFJ銀行の口座を持っていなくても最短40分で借入れすることも可能なので誰でもスピーディーに借入れすることができて「今日中にお金が必要!」といったようなピンチな場合でも安心して借入れすることができます。

 

スムーズに申込み手続きを行うためにはまずWeb申込みをして審査が行われている間に自動契約機に向かい契約後に直接カードを受取ればすぐにATMで利用することが可能です。銀行内のATMやコンビニの提携ATMでの利用も営業時間内であれば24時間いつでも手数料0円で利用することができるので無駄な出費を抑えることができるので家計にも嬉しいカードローンです。

 

会社バレしたくない!在籍確認なしで借入できますか?

 

 

 

収入証明書不要

借入するには?

 

→ 詳しくはこちら

郵送物を不要

借入するには?

 

→詳しくはこちら

パート・アルバイト

借入するには?

 

→詳しくはこちら