MENU

大学受験の費用と準備の方法!事前に知っておけば安心

高校を卒業すると進路は人それぞれですが、どちらにしても進学を選択する場合は、現役生でも浪人生でも受験費用や授業料などの多額の費用が必要になります。

 

4年生の大学への進学率はすでに50%以上となっているのが現状ですが、実際に入学から卒業までの費用を用意されている家庭というのは決して多いとは言えません。大学にかかる費用には、大学受験のでかかる費用をはじめ、入学金や授業料といった費用が基本になります。その他には教科書代や交通費、一人暮らしをするのであれば、生活費も必要になってきます。

 

もちろん収入的に問題がないご家庭であれば、費用面での心配はいらないかもしれませんが、一般的な会社員や自営業のご家庭では、どの程度の費用がかかるのかがとても気になるところだと思います。

 

そして大学受験は、大きくわけて推薦入試と一般入試がありますので、それぞれによって時期や受験費用にも大きく差がでます。ここでは一般受験を希望する場合について説明いたしますので是非大学受験にかかる費用でお悩みの方は読み進めてみてください。

 

大学にかかる費用の種類や内容とは?

一般入試は、大学センター試験をはじめ、個別試験と呼ばれる試験を利用する私立大学と大学センター試験と個々大学の試験を必要とする国公立大学があります。受験料も受験する大学によって、違いはありますが、多くの場合には個別試験の場合には1回の試験で2万円〜4万円くらいはかかると思っていて間違いはありません。
中には複数回の受験を行う事で割引制度を行っている大学もあります。受験に必要な願書は無料で取り寄せられる大学もありますし、有料の大学もありますが、有料といってもさほど高額という事はありません。
合格後の費用に関しては、通常は入学金と授業料や諸経費を入学手続きの時に納める大学が多くなっていますが、中には入学手続きの締切日の関係上、併願校入学金を納めなくてはならないケースも考えられます。この場合には希望校に進学することになったとしても、併願校に納めた金額全てが返金される訳ではないので、注意が必要になります。
入学手続き時に納める費用は、入学金と授業料をはじめ諸経費となりますが、平均的な金額は、国公立大学で80万円〜90万円。
私立大学は文系であれば、100万円〜120万円ですが、理系になると150万円くらいになると言われています。
特に多額の費用が必要になるのは、医学部・歯学部・獣医学部などで、300万円〜400万円以上になることも少なくはありません。
残りは実際に通うための交通費や生活費ですが、生活費に関しては、地域によっても違いますし、一人暮らしではない方もいると思いますのでここでは省略しますが、交通費に関しては盲点になってしまう事も多いので注意が必要です。
中学・高校を私立に通わせているご家庭であれば、解かると思いますが、通学にかかる交通費というのが意外に負担になっていることがあります。特に定期代に関しても大学になると金額も高くなりますし、スクールバスと言っても無料の大学もあれば、通常料金とさほどかわらないという大学もあります。
このように大学受験から卒業までには多額の費用が必要だと理解してもらえたと思います。仮に国公立1校だけで徒歩で通えるという人で塾にも通わないという受験生だとしても、受験費用や入学時に納める費用として最低でも100万円以上の費用が必要になります。実際にはこのようなケースは稀であり、多くは複数校の受験をしたり、通学にかかる交通費なども考えなくてはなりません。もちろん、入学をしたら卒業までの費用も考えると、子どもがアルバイトをするという事も考えられますが、本業がおろそかになり、留年にでもなれば本末転倒です。
大学受験にかかる費用や入学後の費用をどのようにして準備をするかを次に説明していきたいと思います。

 

大学にかかる費用の対策方法とは?

大学受験もそうですが、実際に大学に通う事になると入学手続き時に納める費用だけでなく、数年間にわたり納めなければならない費用も必要になります。
一般的に在学時に必要な授業料などの金額は、最も低く収まる国公立大学でも200万以上必要になりますし、私立医大に関しては6年間で2000万円以上の費用が必要になります。
この費用を用意する手段として最も低く抑える方法は、学校独自の返金不要の奨学金や特待生などによる入学金や学費の免除を利用することになります。

 

この方法は特殊でもありますし、何よりも受験生の望んでいる学校で利用されているかは決まっていませんので一概に推奨できるとはいえません。もちろんスカラシップ受験制度などを取り入れている学校を希望しているのであれば、積極的に利用をすることも可能ですが、全ての受験生が採用されるわけではありませんので、ここでは、いくつかの大学にかかる費用の対策方法を説明していきます。

 

最も多くの人が利用するケースが考えられるものが、費用を借りるタイプの対策となります。
日本学生支援機構の奨学金が最も有名だとは思いますが、その他にも地方自治体や日本政策金融公庫の教育ローンも人気があります。その他には企業が独自に行っている奨学金制度や金融機関や消費者金融などの商品になっている教育ローンが主な借りるタイプの対策方法になります。
次に給付型といって、返済をしなくてもよい奨学金のタイプがあります。これは、地方自治体や各企業をはじめ、大学独自に設けている事が多いのですが、当然求められる水準も厳しくなり、採用人数も少なくなるので競争率を考えると確実とはいえませんが、受験生が希望をする大学にこのような制度がある場合には、借りるタイプの奨学金と平行して準備をしていく事が理想的だといえます。
もうひとつ、大手新聞社などが行っている新聞奨学生制度もありますが、この方法は基本的にはアルバイトなどで収入を得て学費等にあてる事を目的としているのでここでは、説明は省きます。
このように大学受験や通学費用などを準備するための対策方法として、最も一般的なものとして考えられる方法が、借りるタイプのものといえます。
次に代表的な奨学金や教育ローンの特徴や問題点などを順に説明していきます。

 

奨学金や教育ローンの特徴と問題点とは?

大学にかかる費用の準備で最も利用されていると考えられる代表的な方法として、日本学生支援機構の奨学金をはじめ、日本政策金融公庫の教育ローンと銀行などの教育ローンがあると説明しましたが、具体的な特徴と問題点などをここでは説明してきたいと思います。

 

単純に収入面でわかりやすく考えると、日本学生支援機構の奨学金が最も所得額の低い家庭向きで、銀行の教育ローンなどが最も所得が高額の場合に利用が可能になります。
つまり、日本学生支援機構の奨学金の場合には所得額が指定以下の家庭が対象になりますが、銀行の教育ローンの場合には指定の所得額以上の所得が必要になっています。
それぞれの特徴を順に説明していきますと、日本学生支援機構の奨学金制度は現時点では、利息のつかない第一種奨学金と利息のある第二種奨学金の他に入学時特別増額の3種類があります。
予約採用方式の場合には現役生であれば、通学をしている高校からで、浪人生は卒業高校から予約採用の手続きを行う事になります。実際に利用できる奨学金の金額は通学方法や学部などによっても違いがあります。第一種と第二種の併用での利用も可能になっています。
日本政策金融公庫の教育ローンは、最大350万円の利用が可能な教育ローンで、審査による借り入れが可能になっている国の教育ローンになります。日本学生支援機構の奨学金で足りない場合などに併用をすることが多くなっているもので、比較的審査基準も難しいものではないだけに利用希望者も多くなっています。

 

銀行などの教育ローンは、通常のカードローンなどとは違い、教育に関連する費用での利用という使い道の決まりはあるものの金利は低く設定されているものです。
これらの方法は他の奨学金などとの併用を原則的に認めているので、単独又は併用での利用が可能になっています。
やはり最初の選択肢として考えるのは、日本学生支援機構の奨学金になります。もちろん利用が必要であれば、第一種と第二種の併用と入学時特別増額への予約申し込みもすることが基本になりますが、第一種や入学時特別増額は、全ての希望者が採用になるわけではありませんので、大学の準備金として不足をしている部分に関しては、別の費用調達方法を考えなくてはなりません。次に考えるのは、日本政策金融公庫の教育ローンになります。国の教育ローンと言われるだけに銀行の教育ローンと比べると審査基準も低めに設定されていますし、金利も抑えられているので次善策としての利用が理想となります。
ここまでの内容だと銀行の教育ローンは無意味なのではないかという感じもしますが、主軸として考えたい日本学生支援機構の奨学金は例え採用が決定をしたとしても、実際にお金が口座に入金されるのは入学をしてからの4月か5月からになるので、あきらかに入学手続きの時には間に合いません。推薦での入学を希望している受験生にいたっては、予約採用の決定が11月から12月になることを考慮すると間に合わないという事にもなります。その他にも、銀行の教育ローンの審査基準の収入は充分に足りている収入ではあるものの、急な出費などで入学手続きの時に費用が用意できないというようなご家庭などの場合には、所得が多いために日本学生支援機構の奨学金が利用できない可能性もありますので、銀行の教育ローンの存在がとても重要になってきます。
日本学生支援機構の奨学金は実際に学校に通う受験生が借り入れを行う事になりますので、公庫や銀行の教育ローンとは違い在学中には返済も利息もつきませんが、自分の子どもに借り入れをさせたくないという考え方をお持ちなのであれば、保護者が借り入れることになる公庫や銀行の教育ローンを選択するという方法も一つの方法だといえます。

 

受験費用にも対応できるカードローンの利用

日本学生支援機構の奨学金は、入金される時期がに入学後の4月〜5月になってしまい入学手続きの時には間に合わないという最も問題となる点があります。だからといって、第一種と第二種の併用をしているような状況を考えると銀行の教育ローンを利用は、おそらく収入の面で審査に通る事が難しいと考えなくてはならないといえます。それでは実際の入学手続きの時にどのようにすれば良いのかというと、まずできる事は進学先の大学に相談をすることで、入学金や授業料の納入時期を遅らせたり、授業料を分割で納入する手段を可能にしてもらう方法が理想的になります。
しかし、不足額がほぼ全額であればこのような手段もひとつの方法ではありますが、必要な費用に対しての不足額によっては、別の方法も考慮に入れることができます。

 

もちろん公庫の教育ローンや銀行の教育ローンに申し込みをすることが最優先の対策方法になるとは思いますが、どちらの審査にも通らなかった場合には、銀行や消費者金融のカードローンを一時的に利用をするという事も費用の対策方法のひとつとして考える事ができます。
銀行の教育ローンに比べれば、カードローンの方が金利は高くなってしまいますが、審査には通過しやすくなっていますし、できることであれば事前にある程度の限度枠で銀行のカードローンを契約していれば、このようないざという時の対処にも落ち着いた行動が可能になります。借入限度額がある程度まとまっていれば、入学金と同時に納めるべき授業料なども事前に納めておき、奨学金でカードローンの返済を行う事で対応も可能になります。

 

大学受験や通学にかかる費用の準備として最も理想的な事は事前に入学から卒業までの資金を用意しておくことになりますが、現実的に考えるとやはり、奨学金の利用や教育ローンの利用も選択肢として考えておくことが必要になります。その中でも早い段階から準備が可能で使用用途が自由な銀行のカードローンは、利用限度額によっては、不足分だけでなく多くの費用対策につながりますし、奨学金や教育ローンの入金までの対策にも充分対応が可能になります。
借入れができる枠を確保しておくことも、大学費用の対策方法としてはとても大切な事なので、大学費用だからといって、奨学金や教育ローンだけを考えるのではなく、銀行のカードローンなどの併用も利用することで、緊急時にも対応ができる適切な対策方法になるといえます。