MENU

カードローンのメリット!知っててよかったデメリット

最近ではTVやインターネットの広告でよくカードローンの広告をよく目にするようになり多くの方が利用されています。

 

ですが種類が多すぎていったいどのカードローンを選べばいいのか悩んでしまいますよね。

 

カードローンを選ぶ前にまずはカードローンのメリットとデメリットを知っておくことをオススメします。

 

今回はカードローンとクレジットカードのキャッシングの特徴を比較して、カードローンのメリットとデメリット、そして上手なカードローンの活用方法をご説明させていただきます。

 

目次

カードローンのメリットとデメリット

 

カードローンは、住宅ローンや自動車ローンのように計画的に長期に渡って借り入れをするタイプではなく、急な出費や買い物などをしたいが「現金が足りない。」といった時などに利用するのが最も一般的な利用目的になります。
もちろん毎月の収入だけでは経済的に厳しい理由から、不足分だけ借入れをしてボーナス時に返済をするというような利用方法も考えられます。

 

カードローンのメリットは、契約に関して担保や保証人などが必要ではないということが比較的使い勝手が良いと言える商品である事が最大のメリットだといえます。
確かに生活費の不足分を借入しながら、賞与で返済をするという事が繰り返していれば、計画的な利用をしている事になりますよね。

 

一方でカードローンのデメリットというのは、今説明したメリットが一転してデメリットに変る危険性もあります。
計画的に利用をしているつもりでも、つい欲しい物がある時などに利用を重ねてしまう事で大きな金額になってしまい返済が大変になってしまうケースが考えられます。
申し込みに対する敷居の低さや審査の水準も他の一般的なローンと比べても比較的審査に通過し易く、それだけに利用方法には十分注意をしなくてはならない存在にもなります。
しかしながらその利点を最大限に活用すれば、日常の経済的な面でとても役に立つ存在になることも期待できます。

対決!カードローンとクレジットカード

 

カードローンのようにお金を借りることができるサービスは他にも代表的なものとしてクレジットカードに付帯されているキャッシング枠を利用してのキャッシングができるといったサービスがありますが、いったい何が違うのか次にこの2つのサービスについて比較してみましょう。

 

クレジットカードは、買い物などの時に現金を持ち合わせていなくても買い物が可能になりますし、利用することでポイントなどを貯めて、様々な特典を得られることから、ポイントを目的として利用している人も多くいます。

 

銀行や消費者金融のカードローンとクレジットカードのキャッシング枠を比較すると、結論から言えば、カードローンを利用する方がメリットが多いといえます。
まず、どちらも借金をしていることに違いはありませんので、返済の事を考えなくてはいけません。返済方法に関してはカードローンもクレジットカードも大きな差はありませんが、金利の設定に関しては、殆どのケースでクレジットカードの方が高くなる事が考えられます。

 

返済に関してはできるだけ返済総額が少ない方が良いですよね?

 

金利や利息の面で考えれば、カードローンを選択することが有利になるといえます。

 

総量規制の問題に関していえば、消費者金融のカードローンは対象になりますので、専業主婦などの収入のない方は借り入れることが難しくなりますが、クレジットカードのキャッシング枠も原則的に総量規制の対象という事になります。

 

実際に審査という面で考えれば、申込み先を考慮すれば、クレジットカードの方が審査には通りやすくなりますが、あくまでもキャッシング枠が付帯するかどうかのは保障はありません。

 

これからお金を借りる目的でカードローンかクレジットカードか新規で申込みをお考えであれば総合的に考えても銀行か消費者金融のカードローンを最初の選択として考えるのが良いでしょう。

毎月の返済方法がリスク減のポイント

 

カードローンでお金を借り入れるという事は借金になるので当然返済を行わなければなりません。
同じ金利のカードローンで同じ金額を借りたときには、毎月の返済しなければいけない最低返済額が1万円のカードローンと毎月5千円の返済になっているカードローンではどちらが良いと思いますか?

 

同じ金利で同額の借り入れがあるのであれば、毎月の返済額を多くすることで、返済が速く完了しますし、金利も少なくなりますから、返済総額も少なくなります。
おそらくこちらを選択する人は少しでも余計な出費を抑えるために計画的に返済していくことが可能なタイプな人だと思われます。

 

一方の毎月の返済額が少ない方を選ぶ人は、現実的に金銭的に厳しい状況にあるのではないかと考えられます。毎月の返済を抑えることで生活への負担は減りますが、これがカードローンの落とし穴にもつながる可能性があるので注意が必要です。

 

この現象はクレジットカードのリボ払いなどでも似たような現象が起きやすく、特に銀行のカードローンの場合には総量規制対象外になっているので借入れ金額に対しての規制がないので注意が必要になってきます。
月々の返済で苦しんでいる状況の人は、初めの返済が厳しくなると次のカードローンに申し込み、そしてまた厳しくなれば次のカードローンへの申し込みといったように負のスパイラルにはまってしまう傾向があります。
消費者金融の場合には総量規制の決まりがあるので借入金額によっては審査に通らなくなるのですが、銀行の場合には返済に関しての延滞などがなければ、審査に通る事も考えられます。
しかしながら、申込みの段階で収入が少ないから年収などもあまり多くはなく、他社での借り入れや過去の申し込み件数などから銀行側も警戒をしながらの契約になることも多くなるので、必然的に借入限度額は低めに設定されて、金利も高めになります。

 

仮に、金利はともかく1社で限度額が50万円で毎月1万円の返済の銀行カードローンと2社でそれぞれ限度額が30万円で毎月1万円の返済の場合には、返済という意味では1社からの借入れがある方が返済は楽になります。
このような形で各社の返済金額は少なくても件数が増えることで、毎月の返済が厳しくなり、次々契約を重ねてしまうい最終的には返済不能となってしまうことを多重債務と言いますが、このような状況になってしまう事も少なくはありません。
どのようにカードローンと付き合うことが重要なのかについて次で説明したいと思います。

カードローンと上手に付き合うためのは

 

使い方を気を付けないと大変なことになりかねないカードローンですが、上手に利用をすればクレジットカード同様にとても重宝するものになります。
少なくとも計画的な利用をしていれば、返済ができなくなり借金時効の援用をはじめ債務整理や自己破産などの厳しい結果になることはありません。

 

1番大切な事は、銀行のカードローンであっても自分の決まりという意味で自分の総量規制を設けることが重要になってきます。
住宅ローンや自動車ローンなどは、人生計画の中である意味仕方がない部分でもありますが、カードローンの場合には本来は必要としなくても良いと言える程度の存在であることが基本です。
もちろん緊急時や急な出費に備えて、1社くらいはカードローンを契約しておくことも必要だとは思いますが、あくまでも自分で制御ができる事が基本となります。

 

毎月の返済額が少ないからという理由で次々に借り入れをしてしまう癖のある人は要注意です。

 

カードローンの返済で苦しくならない対策として出来ることは、少ない借入額でも自分で返済計画をしっかりと立てて、借り入れや返済を自分で管理すること、もしくは家族に管理してもらうことが大切ですね。

 

 

 

収入証明書不要

借入するには?

 

→ 詳しくはこちら

郵送物を不要

借入するには?

 

→詳しくはこちら

在籍確認なし

借入するには?

 

→詳しくはこちら

専業主婦

借入するには?

 

→詳しくはこちら